INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-10-31 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■Ubuntu(ウブントゥ)と聞くと、どうしてもディズニーシーが思い浮かんでしまう

2020/10/31 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Linuxのディストリビューションの1つに「Ubuntu」(ウブントゥ)というのがあるのですが、この名前を聞くと、どうしても脳内に、東京ディスニーシーのワンシーンが思い浮かんでしまいます。

槍を持った木彫りの人形

動かないはずなのに、急に笑みを浮かべ出し、部屋の灯りが暗転したと思ったら、突如消えてしまう木彫りの人形。

呪いの人形。

シリキ・ウトゥンドゥです。

ジャングルの奥地かなんかの部族に伝えられていた呪いの人形で、正しく守らないと災いがもたらされるという。

そのうわさを聞きつけて、呪いの人形を強奪するハイ・タワー三世。

202010_ubuntu_IMG_7324_S.jpg

「大切な人形が盗まれた!」と騒いでいたはずの部族ですが、なぜか平然と逃げおおせることができたハイ・タワー三世。

どうやら、ハイ・タワー三世は、呪いの人形を盗んだのではなく、「盗まれたら」らしい。

・・・なーんて裏話があるそうですが、ハイ・タワー三世は呪いの人形を大切にせず、タバコの火を押し付けたりなんかしたもんだから、呪いが発動して、エレベーターが暴走!

事故を起こしたエレベーターのそばには、ハイ・タワー三世の部下と、ウェイターに扮した新聞紙記者がいたそうですが、彼らが捜しても、エレベーター内にはハイ・タワー三世が見当たらなかったとか。

…と、「Ubuntu」(ウブントゥ)という名前を聞くと、ここまで一気に脳内に展開されて、Linuxどころではなくなってしまう。

シリキ・ubuntu


東京ディスニーシーで、シリキ・ウトゥンドゥが突如消えてしまうトリックについては、ググるとタネあかしを解説しているサイトがありますね。

なんでも、機材トラブルかなんかで、部屋の暗転が発生せず、シリキ・ウトゥンドゥの消滅を実現するための一部始終が見えてしまっていたことがあるんだとか。

ここではネタバレになるので書きませんが、なるほど、人間の心理を付いた、そんなタネが隠されていたのか!とビックリしました。

と、そんな、ホテル ハイ・タワー。タワー・オブ・テラーのお話でした。

202010_ubuntu_IMG_7325_s.jpg



目次 | ←前へ / 2020-10-31 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555447 (+0052)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT