INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-10-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■Twitterの画像サムネイルの自動トリミングと、昔の同人ショップの自動宣伝方法

2020/10/15 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








少し前、Twitterの画像サムネイルが勝手にトリミングされることと裁判(正確にはリツイート時)について話題になったことがありました。

技術的に仕方がないのではないか?という意見が、私のTL上は多数見受けられたのですが、私自身はちょっと違う見方をしていました。

たしか20年くらい前だったか、製作した同人ゲームが委託ショップで販売されるにあたり、ショップに並べられた際、せっかく描いたパッケージ裏の紹介画像・解説文の上に、ショップ側が貼った謎の4枚のスクリーンショットが貼り付けられていて、何のゲームだかさっぱりわからないものになっていて、非常にやるせない思いになったことがありました。

店頭にどう並べるかは店側の裁量なわけなので文句を言えるようなものではないし、それは委託ショップ側の仕組みなので仕方のないことなんだけど、それにしてもそれで好き勝手やられるのは堪ったもんじゃないなと感じたことがありまして。そんな経験から、TLの他の方とは違う想いで見ていました。

なお、上のTwitterの画像サムネイルの裁判では、サムネイルの仕組みはTwitter社のものなのに、なぜかリツイートした人のIPアドレス開示請求に繋がるという不可解なものになっていたため、上の話とは主体となる者が微妙に違うんですけどね。




目次 | ←前へ / 2020-10-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555648 (+0253)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT