INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-08-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■再び読み始めた、ソフィーの世界。今度はちゃんと、哲学の歴史書として読んでみたい!

2020/ 8/15 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








高校生の時に一度読んだのですが、当時はただのファンタジー小説だと思っていました。

ソフィーの世界

202007_sofi.jpg

高校生の時は、「哲学」という言葉は、「難しいこと」「実用的ではなく、意味のないこと」という意味で使っていました。

「哲学的」というと、「ただの難しいこと」「実用的ではないこと」という感じで、対象を小バカにする場合に使っていました。

というわけで、高校生の当時はこの小説のキモの部分である「哲学」と「哲学史」については、ほぼすっ飛ばして、物語的な部分だけをかいつまんで読んで、全部読んだ気になっていました。

で、大学生になった後、一般教養として「哲学」の講義を受けていて、当時「ソフィーの世界」で読んだ内容は、哲学の歴史を古い順に辿っていたんだということに、ようやく気付きました。

が、大学生の頃って、フリーソフト開発で忙しくしていたので、この本を読み直そうということもなく。

それから17年経ちました。

Twitter上で再び「ソフィーの世界」の話題が出たのを見て、この本の内容を思い出そうとして、ほとんど思い出せないことに気づき来ました。そりゃそうだ、ファンタジー的な物語ばっかり見ていて、キモである「哲学」や「哲学史」の部分なんてほとんど読み飛ばしていたわけですから。

こりゃイカンということで、Amazonで中古で1円のこれらの本を再入手しまして、読むことにしました。

当時、大学生のときに「哲学」の講義を受けていたことを少しは憶えていたので、今度はちゃんと読めそうです。




目次 | ←前へ / 2020-08-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555599 (+0204)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT