INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-07-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■そういえば「巨神兵」ってなんだったのか。かつて世界を滅ぼしたり、東京に現れたり

2020/ 7/17 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








家族から「風の谷のナウシカの漫画版を読みたい」と言われ、購入しました。

202007_kyoshinhei.jpg

電車で2駅のところにある映画館では、ジブリ作品のリバイバル上映が行われているらしいのですが、まだ新型コロナ感染症のぶり返しがありそう、ってこともありまして。

しかし、知識欲は抑えられないわけで。経済を回してみることにしました。

風の谷のナウシカは、1984年(昭和59年)3月公開のアニメ映画作品であり、1000年前に産業文明が崩壊し、生き残った人類が巨大な「蟲」たちに脅かされながら生きていく様子を描いた作品で、今となってはスタジオジブリの代表的作品の1つとして認知されており、改めて書くものでもないですね。

個人的には、この作品の「ナウシカ」の声と、赤ずきんチャチャの「うらら園長」の声が、同じ「島本須美」さんであることを知って非常に驚いた記憶が強い気がします。

で、これが自宅に届いたとき、ふと思い出しました。

そういえば、「巨神兵」ってなんだったんだろう。

作品世界の中では、約1000年前に文明崩壊のきっかけを作り、別の作品では「東京に現」れて世界を崩壊させたり。

検索すると、Wikipediaでは巨神兵を説明するためだけに1項目が作られているくらいの濃い解説がありました。

ああ、なるほど。「旧世界の人類が多数創造した人工の神」って設定があったんですね。

(「東京に現」れた方はわかりませんけど)

で、「風の谷のナウシカ」の中で、作画を担当したのが、庵野秀明さんだったわけですね。

今となっては、エヴァンゲリオンの監督として知られ、シン・ゴジラの総監督であり、風立ちぬで主人公「堀越二郎」を声を当てた声優でもある庵野秀明監督。

鈴木敏夫さんの振り返りの中で、「庵野の作りたいことが分かった。エヴァンゲリオンは巨神兵だ!! と今気付きました。」と書かれていて、いろいろ腑に落ちました。




目次 | ←前へ / 2020-07-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557744 (+0022)[+0533]

Copyright© 2010-2021 INASOFT