INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-12-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■アルファベットと数字だけからなるバッチファイルは、「メモ帳」にはUTF-8とみなされる?

2019/12/22 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Windows 10の「メモ帳」の動きが変わり、BOMなしUTF-8がデフォルト保存形式になったというニュースはだいぶ前に聞いていたのですが、先日、アルファベットと数字のみからなるバッチファイルに、何気なく日本語文字を追加したら、UTF-8扱いされ、バッチファイル実行時に動作がおかしくなってしまいました。

(これまでは全く意識せずにSHIFT-JISで保存されてきたので、ここで改めて「名前を付けて保存」から文字コードを変える手順とか、思いつきもしなかった)

20191217_notepad_utf8.png

最初に、メモ帳のデフォルトがUTF-8になったと聞いたときには、時代の進化を感じたのですが、バッチファイルを実行する際のデフォルト文字コードはSHIFT-JISのままなので、食い違いが生じてます。

対応が中途半端。

とはいえ、現在多くのシステム上に存在しているバッチファイルの文字コードがすべてUTF-8に自動変換されるわけではないので、バッチファイルの文字コードのデフォルトが変わってしまうと、逆に大混乱が生じることは必然。

これから新たに作成されるバッチファイルなら、動作テストするだろうから、まぁ、まだ問題ないと言えるかもしれないが。




目次 | ←前へ / 2019-12-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555330 (+0474)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT