INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-10-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ちょっと前に見た変な夢。正夢でなければいいんだけど…

2019/10/ 9 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








ちょっと前のことになりますが、変な夢をみてしまって、しかも記憶に残り続けるタイプの夢でしたので、ここで吐き出そうかと。

夢の中では、目覚めると「特急を使って出張しなければならない日」だったのに、ほぼ遅刻が確定している時間でした。

慌てて家(昔、暮らしていた実家)を出たのですが、なぜかすぐに駅には向かわず、近所で開かれている何かの講習会(和モノの何か)に参加し、しばらくのんびりしてから、駅へ向かいました。

駅前に着くと、突然通り魔が現れて、大きなナイフを振りかざしていました。

自分は腰が抜けて動けない。かろうじて両腕を使って逃げる動作をしますが、なかなか逃げられない。

通り魔は、何か「ルール」のようなものを大声で怒鳴っています。

もしかすると、こういうやつは殺し、こういうやつは殺さないというものを叫んでいたのかもしれませんが、よく覚えていません。

そこで目が覚めました。朝5:30でした。

この日は、朝9:00から始まる大切な会議があったので、8:30ごろには会社に着かなければならず、早く起床しないといけないというプレッシャーがあったので、最初に「遅刻してしまう!」という夢をみてしまったところまではわかります。起きなきゃいけないときに遅刻する夢をみるという話は、けっこう聞きます。

(昔、「笑っていいとも!」が放送していた当時、出演者のタレントさんが「遅刻して、自分なしで番組が進行しているテレビを見ている夢」というのを見た、みたいなことを言っていましたし)

でも、その後の、通り魔の下りはなんだんたんだろう。

そんな夢をみるきっかけが分からない。

正夢になってしまわないといいんだけど…。




目次 | ←前へ / 2019-10-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555441 (+0046)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT