INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-10-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■最近の3Dでモブキャラがたくさんいるゲームって、何に力を入れているんだろう、

2019/10/ 5 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








最近の3Dでモブキャラがたくさんいるゲームって、何に力を入れているんだろう、何に我々は金を投じているんだろう、という話。


先日、モンスターハンターでパンをこねる猫がいるシーンをずーっと映している動画があった。


かなり細かいアニメーションで、奥から材料をとボウルを持ってきて、こねて、こねて、こねて、こねて、出来上がったパンを置くに運んでいく・・・というような感じ。

そういえば、最近良く観ているとしょこさんのゲーム実況動画のシリーズで、ゼルダの伝説BotWの、パーヤちゃんの1日を追跡する動画を見た時に感じたことでもあるが、最近のゲームの開発者って、こういう部分(本編ではないところでプレイヤーの没入感を高めるためのモブの動作作成)に膨大な時間を掛けているんだな、ということ。


必要作業と見るか無駄作業と見るか、議論はありそう。

我々はそこにも金払ってる、
プレイヤーの没入感を高めるために一役を買っているから、無駄ではないと信じたいが、コストパフォーマンスの高低は論じられそうな気がする。ゲームの解像度を高めたことにより、モブキャラの動きも、ゲーム世界の奥深さを表現するために、がっつり定義する必要があるわけだが、その動きを決めるために何十日も開発者が従事していると思うと、面白い、誇りに思うという感情とともに、ほとんどのプレイヤーには見られずに過ごされているかと思うと、なんだかやるせない感情も湧いてくる。

そして、そのプレイヤーは見ずに過ごしているけど、お金は払っている。
お金を払ったぶんを存分に味わいたければ、各モブキャラの動きを存分に眺めるがのがよい。
時間のない人は、YouTubeの実況動画を見るのも良いかもしれない。

これで、多くのプレイヤーが少しでも感動すれば、彼らも働きがいがあったというもの。




目次 | ←前へ / 2019-10-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557531 (+0342)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT