INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-04-06 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■昔の映画はINTERMISSION(休憩時間)が入るのが当たり前だったらしい

2019/ 4/ 6 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日、サウンド・オブ・ミュージックを観たときにINTERMISSIONが出てきた話を書いたので、その続きを。

サウンド・オブ・ミュージックのDVDを中盤まで観たところで、突然「INTERMISSION」みたいな文字が出てきて、画面が静止しました。
どうやら、昔の長い映画では、途中にトイレ休憩を入れるのが当たり前だったんですね。
ってか、そこまでDVDは収録しているんですね。ある意味、この時代の「常識」を振り返る上では、非常に重要な資料的価値のある部分な気がします。

昔のテレビ番組を録画した映像でも、番組そのものより、途中に挟まるテレビCMの方が資料的価値がある場合があるような感じで。

そういえば今でも、子ども向け番組の公演(いないいないばぁっ!のワンワンわんだーらんどとか)劇団四季のミュージカル(ライオンキング)とかでも、中盤で休憩を入れますしね。

むしろ今の、2時間半とか3時間とかの作品で、途中休憩が入らない方が、むしろおかしいのかもしれない。

同じように、会社で話題に出たので借りてきた「2001年 宇宙の旅」を観ていたときも、途中に「INTERMISSION」が挟まりました。ああ、やっぱり、時代背景なんだなぁ、と。

まぁ、この映画の場合は、色んなところで今とは違う、斬新すぎる表現方法がいくつもあって、驚きの連続でした。

冒頭のサルもそうですし、人が台詞をしゃべるシーンの間に、音楽だけで、ゆっくりと流れるシーンが挟まったりとか。

最後の方なんて、何をどう解釈したら良いのかわからないシーンの連続で。

Wikipediaを観たら、スターチャイルドっていうんですかね。

スターチャイルドって、ポプテピピックの最終回で悪役が叫んでいたような、キングレコードのレーベルの一種という認識しかなかったんですが、なるほど、本来はそういう意味だったのか。

Wikipediaの記述だと、あの映画の全般的な描写や斬新すぎて、公開当時はやはり否定的は評価が多かったものの、次第に名作として認識されるようになった、と。ああ、やっぱり否定的な評価をしたくなったのは、僕だけではなかったんですね。ああ、よかった。感覚はズレていなかった。





目次 | ←前へ / 2019-04-06 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2558630 (+0257)[+0651]

Copyright© 2010-2021 INASOFT