INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-03-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■あれ、ドラえもんの青くなった設定、変わった方

2019/ 3/30 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先週、子供にハッピーセットをねだられて買ったら、ドラえもんグッズが付いてきました。

mac_dra_201903.jpg

黄色のドラえもん、知ってる?

ああ、知っています。大山のぶ代ではなく、横山智佐が声を当てているんですよね。

あ、違う。そもそも、大山のぶ代ではないですね。水田わさびさんが、もう、15年も声を当てていますからね。

(大山のぶ代さんが声を当てていた期間は26年間だったと思うので、もう半分以上過ぎてる)

で、理由を見てみると、ネズミに耳をかじられてしまい、ショックで泣いていたら、体が青くなった、ということ。

そう。「泣いていたら」が追加されたのが、新しい方の設定です。

僕が子供の頃に見た「大晦日だよドラえもん」では、「ドラえもんが昼寝をしていたところ、ネズミに耳を囓られて、鏡を見て、その姿を見て青ざめた」という設定になっていました。

ただ、この設定は、作者が子供から「ロボットなのに青ざめるのはおかしい」と指摘されたために撤回されたと聞きます。

そして、

  • セワシくんが、いつもお世話になっているドラえもんのため、ドラえもん人形を作って送ろうとした。
  • 人形の耳の部分がうまく作れなかったので、ネズミ型ロボットに『耳の形を整えてくれ』と頼んだ。
  • ネズミ型ロボットは、人形の方ではなくドラえもんの方の耳を囓ってしまった。
  • ドラえもんの耳がボロボロになってしまったので、悲しい気分を払拭しようと『喜劇の素』を飲もうとしたら、誤って『悲劇の素』を飲んでしまった。
  • それから三日三晩泣き続けたため、声は枯れ、体表面の金メッキが剥がれ、青い体になってしまった。
のが新しい設定だったはず(自分の記憶の限りでは)。

体が青くなったことに加え、声が枯れ(大山のぶ代的なガラガラの声になっ)た理由も説明されています。

今でも変わっていないかな?




目次 | ←前へ / 2019-03-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2561009 (+0156)[+0708]

Copyright© 2010-2021 INASOFT