INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-03-08 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「まよいマイマイ」のDVDを買った

2019/ 3/ 8 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今さらですが、化物語 DVD第二巻「まよいマイマイ」を買うことになりまして。

201903_mayoimaimai.jpg

<物語>シリーズの中でも、一番好きなストーリーがこれです。

前半のシーンの、戦場ヶ原ひたぎと阿良々木暦の間の会話の伏線がすごくよくできています。

初めて観るときは、戦場ヶ原ひたぎが冷たくあしらっているか、あるいは、ギャグアニメっぽく笑いをもたらす要素として見えるのですが、2回目にみると正反対に見える。

似たようなやり方を、前に観た気がします。

たしか、アメリカのホラー&ミステリー映画「シックス・センス」だったか。

初めて観るときは、主人公に対する奥さんの振るまいが、離婚直前の冷たいあしらい方みたいに見えるのですが、2回目にみると正反対に見えるという。

その他、羽川翼にはきちんと見えていることとか、戦場ヶ原ひたぎが最後に「I love you」と告白するまでの心理を各シーンに重ねて考えると、すごく頑張っているんだなと思うこと、阿良々木暦のセリフ、特に色々分かった後のセリフとか。

とにかく心が揺れ動かされるシーンが各所にあるし、伏線の張り方はすごいし、この作品は<物語>シリーズの中でも特によくできてると思うのです。




目次 | ←前へ / 2019-03-08 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554955 (+0099)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT