INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/

最近、気づくと毎日更新になっていることが多いのですが、2021年9月19日(日)から1~2週間程度更新がお休みになる予定です。また、その間に、旧ミニブログと「管理人のひとこと」の統合処理を行います。旧ミニブログからは、本サイト上の当該ページに転送されるようになります。 [2021/9/18 11:30]

目次 | ←前へ / 2019-02-28 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■それは恐竜ではない…んだけど、今はそれを伝える空気ではないよなぁ

2019/ 2/28 0:00:00 [さくらのブログから転記]



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








小さい男の子は、だいたい、電車か恐竜か虫に興味を持つわけで、うちの長男は電車に興味を持ちました。

幼稚園のクラスには恐竜に興味を持った子もおり、幼稚園のイベントの年長クラスの出し物では、恐竜展を作っていました。

紙粘土で作った恐竜が並べられており、なるほど、6歳にもなると、ここまで目標をもって物を作り上げることができるのかと、なかなか感動しました。

一番感動したのは、天井から吊された紐に貼り付けられた翼竜。

なんだか、本物の博物館の恐竜展みたいですね。

まぁ、あえてその場では言いませんでしたけどね。

翼竜は恐竜ではないんですよね…。

よく、恐竜図鑑には、あの時期に生きていた巨大な爬虫類を一緒くたに載せているので、恐竜も、翼竜も、首長竜も、魚竜も、みんな「恐竜扱い」されがちですが、翼竜は恐竜ではないし、首長竜も恐竜ではない。

のび太の恐竜」に登場するピー助は、フタバスズキリュウであり、首長竜なので、恐竜ではないんですね。

タイトルは「のび太の恐竜」なのに…。

ところで、最近の分類では、鳥類は「恐竜」の一種として捉えられるんだそうで。

恐竜から始祖鳥を経て鳥類に進化していったので。

最近の小学生は、そうやって、理科の授業で教わっているらしいです。

翼竜は恐竜ではないし、首長竜も恐竜ではないけど、鳥は恐竜だということになりますかね。

カラスも、ニワトリも、ペンギンも、スズメもハトも恐竜の一種なわけですね。

ここ最近で一番の驚きかもしれない。

同じ爬虫類であるワニやトカゲより、鳥類であるスズメのほうがティラノサウルスに近いんですって。

だいぶ前のことになりますが、ラジオ番組でゲストの人が言っていた言葉を借りると「ケンタッキーフライドチキンを食べた人は、恐竜と食べたと言って良い」んだそうです。

まぁ、こういう分類はコロコロ変わるので、30年後には、また違う分類になっているかも知れませんけどね。




目次 | ←前へ / 2019-02-28 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2642499 (+0527)[+0497]

Copyright© 2010-2021 INASOFT