INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-11-27 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■風邪をひいた日に観た夢がムチャクチャだった話

2018/11/27 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先週水曜日、風邪がピークだった日、なにやらメモが残っていて、その日に見た夢について書いてありました。

一週間も経つと、相当衝撃的な夢でも無い限り、夢の内容はほぼ忘れてしまうようで、あんまり覚えていませんが、メモによるとこんな感じだったらしい。

病院の中に自室(実家にあった自室)があって、そこにスマホを忘れたので取りに戻ったら、病院が暗くなっていて、中に入れず、外に出ると警察に取り囲まれていて手を上げろ!的な感じになっていて、ここに自分の部屋があることをなんとか説明しようとする、というストーリー。訳がわからん。

うむ、今から読んでも、わけがわからない。

衝撃的、というわけではないけれど、15年くらい前から数年おきに定期的に見る夢があります。

社会人をしながら、土曜日だけ、いまだに大学に通っているという夢。

その時々で、通学途中だったり、寮(とは名ばかりの超高層ビル)だったり、シーンは様々ですが、いずれも同一の設定のもの。

ただ、5年くらい前に見たときのシーンが衝撃的だったので、今でも覚えています。

地面に大勢の人が倒れているというもの。毒ガスでも撒かれたのか、アメリカのように銃乱射でもあったのかはわかりませんが、とにかく人があちこちに倒れている。顔は見えない。生死は分からない。それを、ずーっと眺め続けているという夢。

そういえば、それ以降、「社会人をしながら、土曜日だけ、いまだに大学に通っている」という設定の夢は見なくなった気がします。




目次 | ←前へ / 2018-11-27 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555351 (+0495)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT