INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2017-12-27 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■夜が来ると月が昇ることが当たり前の発想はどこから来たのか?

2017/12/27 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








だいぶ前のことになるけど、あるタレントさんが20歳以上にもなって、「月が昼間に出ている」ことに気づいて、天変地異が起きたと思って母親にそのことを伝えたところ、「何当たり前のこと言ってんの?」と言われてしまった、というようなことを言っていました。

どうやらその方は、「太陽が沈むと、海で冷えるので少し暗くなって、その後、月として昇ってくる」と思っていたとか。

んなわけないんですけどね。

というか、そもそも、「夜になると月が出てくる」「月が出ているのは夜」と思い込まされてしまうことって、幼児教育の中で、けっこう存在していたりするんじゃないですかね。

朝7時ごろからEテレで放送している子ども番組内で歌われていた歌の歌詞で、夜の象徴として「月が昇る」と言っていたり。

子ども向けのタブレット用のアプリで、ゲーム内で時間帯を示す手法として、「窓の外に太陽が出ていたら昼間」「窓の外に月が出ていたら夜」であることとしていたり。

そういえば、最近のゼルダの伝説でも、夜になると月が昇ってきましたっけ。

父親が持っていたアナログの腕時計で、昼間は太陽の絵が表示され、夜は月の絵が表示されるギミックが搭載されているものがありました。

そりゃ、夜の訪れと共に月が昇ってくるという刷り込みが発生してしまうのも、無理はないかも知れない。

実際のところ、太陽が一周する時間(地球が自転する時間)と、月が一周する時間は等しくありませんからね。

地球が一日に一回自転するのを追っかけるように、月は27日くらいかけて公転していますんで。

見かけ上、太陽を月が追い越すような動きになっているはず。

普段は明るすぎて、太陽を追い越す月の姿は見えませんけどね。きちんと見えるのは、日食のタイミングくらいでしょうか。

だから、夜が訪れるのと同時に月が昇ってくるのは、27日に1回ってことになりますかね。

多分その日は、月は、太陽の光を真正面から受けているので、満月になっているでしょうか。

(そして希に、月食が起きる)




目次 | ←前へ / 2017-12-27 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555348 (+0492)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT