INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2017-02-07 01:34 / 次へ→ / 最新へ⇒

■microSDカードの区別はどうやってすればよいだろう

2017/ 2/ 7 1:34:57


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








ここのところ、スティック型PCや、Raspberry Piのような小型機器に入れるためのメディアとして、microSDカードを活用する機会が増えてきています。

こんなに小さいのにこんなに大容量だ!とすごさを感じる一方、カードの枚数が増えてくると、どれがどのカードだかわからなくなってきます。

IMG_2055.JPG

左から順に、

  • 以前、スティック型PCに刺していたけど、謎の壊れ方をしているmicroSDカード (128GB)
  • 現在、スティック型PCに刺しているmicroSDカード (128GB, TOSHIBA製, Uの中に1という数字が書かれている)
  • Raspberry Pi をメディアサーバ用途で使いたいときのmicroSDカード (128GB, TOSHIBA製, Uの中に3という数字が書かれている)
  • Raspberry Pi を実験用途で使いたいとき(デフォルト)のmicroSDカード (32GB)
  • Raspberry Pi を遊戯用途で使いたいとき(別OS)のmicroSDカード (8GB)
となっておりますが、すでに2番目と3番目の区別が付きにくくなっており、ちょっとしたピンチです。

フロッピーディスクのように文字を書いたラベルを貼ったり、CD-Rのようにレーベル面にマジックで字を書いたりできればよいのですが、黒いカードではそれも難しい。ってか小さすぎて字が書きづらい。

シールを貼ろうにも、ドライブやアダプタから抜いたときに剥がれて、ドライブやアダプタの内部に張り付いてしまっては一大事ですし。

これって、うまい管理方法はないもんですかね。




目次 | ←前へ / 2017-02-07 01:34 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557703 (+0514)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT