INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2017-01-02 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「NumLockLock ver.1.40.02」更新に関する詳細

2017/ 1/ 2 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








去年12/31に、「NumLockLock ver.1.40.02」を公開したのですが、それについて詳細をまだ書いていませんでしたので、ここで書いておきたいと思います。

Windows 10 に Anniversary Update を適用すると、[OS設定]「ログイン時にNumLockキーをONにする」設定は利用できなくなるという情報がありました。これまでは、おそらくこれは、Windows 10 Anniversary Updateのバグまたは仕様と考えられるということで、サイト上にて案内をさせてもらっていました。その後、いくつかのサイトから情報を得ていたのですが、どうも総合すると、このレジストリ設定は公式なものではなくて、今まで設定できていたのも偶然で、実は設定できないのが当たり前なんじゃないかと思うようになって来ました。

おそらく、「Windows終了時にレジストリの値が上書きされる」ようになっているため、いくら、NumLocKLockなどの他のプログラムが設定したとしても、終了時に値が上書きされて無効になる・・・という動作をするのが普通みたいですね。

Anniversary Updateでは、この動きがログオン画面に対しても実施されるようになったため、レジストリの書き戻しのようなものが起きるようになったのでしょう。となると、NumLockLockがいくら、レジストリの設定値を工夫しようとしても駄目なわけですね。

ただ、問題は起きていないとする声も届いているため、必ずしも上記のような動作が起きてしまうわけではないようです。

ここらへん、ユーザー毎に寄せられている声が異なっており、何を信じて仕様を決めてコーディングしたら良いのか、よくわからない状態となっています。


一番確実なのは、上記の参考サイトの1つにも書かれていますが、Wordをインストールし、Windows終了時に起動するVBスクリプトを定義しておき、・・・みたいな方法しかないのかも知れません。となると、NumLockLockでそれを真似るのは難しそうですね。

というわけで、上手くいかないとするユーザーの環境があることを踏まえ、これを設定しても上手くいかない可能性があることを説明し、作者に問合せをしても無駄であることも明記するというのがよさそうかなと思い、今回のような実装になりました。




目次 | ←前へ / 2017-01-02 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557548 (+0359)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT