INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2016-06-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「バケモノの子」を待ちきれなくて見てしまった話

2016/ 6/18 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








細田守監督のアニメ映画、大好きです。

個人的には、スタジオジブリ作品と同格くらいの立ち位置は、すでに、あるんじゃないかと思っています。たぶん、世間の評価もそうなっているんじゃないかな。

これまで3作品を見てきていますけど、「バケモノの子」も期待していました。

ただ、映画館に見に行くことはできなかった。時間的な余裕がなかった。

そんな「バケモノの子」が、地上波初放送すると聞いたので、それを待とうかとも思いましたが、待ちきれずにレンタルビデオ屋に行ってDVDを借りてくることにしました。地上は初放送が発表されたときの評判が高くて、いったいどんな作品なんだ?と気になってしまったってのもありましてね。

観た結果。やっぱり、映画館に行って、観たかったなぁ。

やっぱりこう、青年の心の葛藤とか、人間の心の葛藤とか、そういうのをうまく描けているの、いいですなぁ。

途中から人間世界と行き来するようになって、ストーリーが交錯すぎて最後はどう結末を描くんだろうと思っていたら、張っていた伏線を持ってきましたね。

それにしても、役所広司も大泉洋も、津川雅彦も、タレントだけど声優としてもいい演技しますよなぁ。

そこら辺の、やって意味があるんだかわからんようなタレント吹替えとは、格が違いますな。




目次 | ←前へ / 2016-06-18 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2559165 (+0173)[+0619]

Copyright© 2010-2021 INASOFT