INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2016-03-26 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■たぶん、ご利用上の注意を読んでもらえていないんだろうなぁ…というフィードバック

2016/ 3/26 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先日、Twitterの方でも書いたのですが、「フィードバック」にて、おそらく「ご利用上の注意」を読んで頂けていないんだろうなぁという投稿がありました。しかも、「使いづらくなったので、あなたのソフトをアンインストールしました」という趣旨のことも書いてありまして。

残念ながら返信先の記載がなく、アドバイスを返信することもできない状況。

ちょっと悲しいですね。

仕方ないので、ブログの方に書いておこうかと思いました。

「コピペテキスト修飾除去」は、クリップボードへのコピーを感知して、瞬間的に内部的にペースト&コピーを行います。

このため、Excelが内部状態として持つコピーや切り取り(選択セルが点線で囲まれている状態)が、瞬間的に解除される現象が起こります。

回避するには、「クリップボードの変更を監視しない」をONにしておきます。

ただし、この状態だと、本ソフトのメインの機能である、修飾除去もできなくなりますので、次のような運用が必要になります。

  • Excelを使うときだけ、「クリップボードの変更を監視しない」をONにし、Excelを終了したらOFFにする。
  • 「クリップボードの変更を監視しない」をONにしっぱなしにし、修飾除去機能を使いたいときは通知領域のアイコンをクリックする。
なお、修飾除去機能を働かせるには、通知領域のアイコンをクリックする方法の他、

  • 設定にて、ショートカットキーの割り当て機能を利用する。
  • 「DelAttr.exe /R」を実行するショートカットを作成し、ショートカットキーを割り当てておく。
  • 設定にて、「クリップボード内のテキスト属性を除去する機能を実行するボタンを画面上に配置する」をONにし、画面上にボタンを表示させる。
等の方法もありますので、ご活用下さい。






目次 | ←前へ / 2016-03-26 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2560224 (+0079)[+0618]

Copyright© 2010-2021 INASOFT