INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2015-07-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■iPadやiPhoneのホームボタンの効きが悪くなったら/ホームボタンがバカになってしまったら

2015/ 7/30 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








この話を聞くと、喜々として教えたくなっちゃう話。iPadやiPhoneのホームボタンの効きが悪くなったら。

iPadやiPhoneのホームボタンがバカになってしまった!」「iPadやiPhoneのホームボタンを、爪を使って強く押さないと反応しなくなってしまった!」という話は、そこそこの頻度で聞きます。

僕の場合、iPhone5sでは、そういった現象が起きたことはあまりないのですが、iPad2ではしょっちゅう起きています。

多分、iOSのバージョンアップをするたびに。

こんな時は、押しの強さの調整機能を使います。

キャリブレーションってやつですね。ググると、けっこう対処法が出てきます。

  1. 電源ボタンを長押しする。
    image.jpg
  2. 「スライドで電源オフ」が表示されたら、電源ボタンから手を離す。
  3. ホームボタンを「いつも押す強さ」で長押しする。
  4. 「スライドで電源オフ」が消えて、設定完了。
どうやら、電源オフの画面が出ている最中にホームボタンを長押しすることで、押しの強さの調整が行われるらしいですね。

iPad2では、iOSのバージョンアップを行うたびにこれをやる必要があって、かなり面倒くさいのですが、この設定ってどうやって保存されているんだろう?





目次 | ←前へ / 2015-07-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555275 (+0419)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT