INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2015-07-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■BMP形式での保存に対応したCaptureSaveAs

2015/ 7/15 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今日は、CaptureSaveAs v1.12βを公開しました。

ダウンロードはトップページからどうぞ。

今回の更新では、ユーザ要望により、保存時のファイル形式の選択肢にBMP形式を追加しました。

casaveas_ss_01.png

▲BMP形式が選択肢として追加された設定ダイアログ

ユーザ要望としては、「劣化の無いBMP形式にして欲しい」とのことだったのですが、PNG形式であっても劣化は起きない・・・はず。

ただ、何らかの理由により、その後の画像加工や画像利用をする上で、BMP形式の方が都合が良いということも、無いことは無いのかもしれません。

まだ、ファイル形式の選択肢を置く余裕もありましたし、いつの日か「BMP形式が選べて良かった!」という日も来るかも知れませんので、BMP形式を追加することにしました。


さて、困ったのは、ヘルプ中に書かれている画像形式に関する説明の部分です。JPEG形式とPNG形式については、

  • JPEG形式は、写真のような複雑な画像を保存するのに適した、非可逆圧縮の画像ファイル形式であり、画質設定により、画質が劣化すること。
  • PNG形式は、あまり複雑でない画像を保存するのに適した、可逆圧縮の画像ファイル形式であり、画質は劣化しないこと。
が触れられていますが、BMP形式については、何と書いたものか・・・。

画質の劣化云々を語るだけだと、PNG形式の説明と被る。

JPEGのように、写真のような形式に適している・・・みたいな、優位性を語るのが難しい。

プログラムで扱うのが容易とかいう理由付けも、昔だったら有効だったかもしれませんが、画像を扱うライブラリが進化した昨今では、あまり意味のない説明です。

「非圧縮である」ことでも書こうかと思ったのですが、広く言えばDIBフォーマットにはランレングスによる圧縮も定義されており、「BMP=非圧縮」と説明するのは、あまりに乱暴。

苦肉の策で、とりあえず今回は、「BMP形式は、本プログラムでは圧縮しない形式のものを扱います。 」という、説明だかなんだかよくわからない言葉を書いて逃げることにしました。



目次 | ←前へ / 2015-07-15 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555457 (+0062)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT