INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-12-31 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ホビットの最終章を見てきた

2014/12/31 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今年最後の記事が映画鑑賞の記事になってしまった。

まぁ、これがなかったとしても、花粉症の話題になっていただけなんですけどね。花粉症の話題は、来年に持ち越しで。

さて、「ホビット 決戦のゆくえ」を観てきました。

image.jpg

僕がレンタルDVD屋で「ホビット」の前2作を簡単に探せたのは、今3作目が上映中だからだったんですね。

というわけで、DVDで1作目と2作目を観て、すぐさま3作目を観ることができました。

今回もガンダルフが戦いますね。剣で切って、杖で叩いて。まあ、今回は魔法も結構出てきていたか。

冒頭でドラゴン(スマウグ)を倒しちゃいましたから、ドラゴンがいなくなった後をドワーフとエルフが奪い合い、さらに、オークやゴブリンがやってきて戦争になるお話。これまでのような、長い道のりを旅してくるストーリーからは、ストーリーの骨格が大分変わっています。

これまで、ホビットはドワーフと共に旅をしていたので気づかなかったのですが、ホビットと他の種族との身長差って、かなりあったんですね。そういや、ホビットと魔法使いの身長差もけっこうあったんだった。そりゃそうか。ホビットですもんね。

そういえば、エルフの男性役を今回も演じているオーランド・ブルームって、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの印象が強くなっちゃっているんですよね。妖精というよりは海賊ってイメージが定着しちゃって。

まぁ、10年経って、そのキャラの60年前を演じるってのも、面白い話ですね。だいたいみんなそうか。

役者と言えばもう一人。エルロンド卿を演じるヒューゴ・ウィーヴィングは、マトリクスのエージェント・スミスのイメージが強烈すぎて、もうスミスにしか見えないです。中つ国が仮想世界で、そこに送り込まれたエージェント・スミス。

ああ、それはそれで面白いな。




目次 | ←前へ / 2014-12-31 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554252 (+0525)[+0601]

Copyright© 2010-2021 INASOFT