INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-08-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■燃料を投下すると人が回る……燃料への投資を大きく

2014/ 8/20 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日はお金についてばかり書いちゃいましたけど、まぁ、基本的には人が回って、何か良いサイクルが生まれるというのは重要です。

例えば、昨今のエヴァンゲリオンの映画は、映画の中身そのものにはあまり意味が無くなってしまっているけど、迫力のある映像は監督の本気度を感じさせるし、公開するとその内容の不可解さから、人々の間で勝手に議論が活発化し、勝手にグッズが売れて勝手に経済が回る。

あ、またお金の話になってしまった。

とにかくまぁ、映画の公開が燃料投下になって、それで人々が回るスタイルが、うまく作れているんじゃないかな。
人々が回ることについては、「神の見えざる手」みたいな便利な言葉がありますが、うまいことグルグル行けば人と経済が回っていくんじゃないかと。

そのための燃料投下への莫大な投資は欠かせませんけどね。

たぶん、自身を傷つけないで燃料投下(=莫大な投資)をすることはできないですね。

昨日書いた、炎上商法じゃないですけどね。あれは、自分の精神力を疲弊することと引き替えに燃料投下し、人を回し経済を回し、収入を得る方法。

投資については、自分の財産を巻き込んで経済をぐるぐる、回すようになると、収益が大きく上がったり、逆に大損したりするんだろうと思います。

そうではなく、自分の銀行講座は不可侵聖域で、入ってくるのは給与収入のみ……みたいにすると、サラリーマンのような堅実な人生は歩めるが、サラリーマンみたいな収入量に収まるということなんだろうと思います。

なんか、経済学を勉強しておけばよかったかなぁ。
そういうのの、適切な燃料投下とか、していきたい。


クリーンな燃料を投下できるかどうかは、なんというか、難しいところですね。

言葉の応酬や、政治の話を半分織り込んだような、人々の怒りをエネルギー源とするような燃料投下もあると思います。

ブログやまとめサイトの記事タイトルを、あえて耳目を惹くようなものにするとか、あえて世間の反応が否定的な内容のタイトルを付けて、そこをクリックさせやすくするとか、みたいなやつですね。

「○○という歌手はすごい。好き!」みたいなブログのタイトルを見かけたとき、それを積極的に見たいとは思わないけど、

「○○という歌手のここが嫌い。死ねば良い!」みたいなブログのタイトルの場合、何だとこの野郎!見たいな感情がわき上がって、つい見に行ってしまうことってありますが、それと同じような感じの。

まぁ、燃料ってだいたい、クリーンではないですね。

美味しいものが、体に不健康なのと同じで、人間の脳って、そういう風にできているのかも知れません。

例えば環境問題について話し合っていて、お互いに反対の立場からアレコレ言い合って罵り合って、それがブログに書かれるとみんな見に来て、両者広告収入で潤ってウハウハみたいなビジネススタイルとか。

最近だと集団的自衛権の問題や、韓国の従軍慰安婦問題などもありますが、多分そこら辺で記事を書いて人々を煽るのが、その人達の間だけの小さな経済を回していて、潤わせているところは、あるんじゃないかな、と。

(それで日中間や日韓間の経済が冷え込んで、世界的に経済がマイナスになるかもしれませんが、まぁそれはともかく、個々は設けられるという短絡的な集約には結びつく)

燃料投下(=投資)を、それを燃料として役立たせるためには、相当頭を使って、時間も掛けて、お金も掛けてやらないといけない。

クリーンな燃料投下にしたいならば、さらに輪を掛けて、頭を使って、時間も掛けて、お金も掛けてやらないといけない。

勇気を持って切り込む覚悟も必要だし、財力も必要だし、生活をある程度切り捨てて、あるいは世間的には悪役になることを覚悟して挑まないといけない。

歳をとる毎に、生活を切り捨てることと、世間的に悪役になることへの抵抗は大きくなりますね。ああ、若いうちにもっとそういうことをしておきたかったですね。



目次 | ←前へ / 2014-08-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557563 (+0374)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT