INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-05-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ウィンドウタイトルを変えるには? - 質問を聞くのは難しい

2014/ 5/20 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








プログラミングに関して「ウィンドウタイトルを変えるには?」と聞かれたことがあります。
Windowsのプログラミングです。

ちょっとググれば出てきますが、Windowsのプログラミングでウィンドウタイトルを変えるには、SetWindowText APIを使います。

現在では .NET Framework があるので、FormのTextプロパティをいじるという可能性もありますが、当時は .NET Framework がなかったので、たぶん、そう答えるのが精一杯。

というわけで、当時そう聞かれて、セオリー通りに上記の通り答えたのですが、今度は「どこに書けば良いの?」と聞かれました。
そりゃ、タイトルを変えたいと思ったのなら、そのタイトルを変えたいと思う瞬間、プログラム上のその位置に書けば良いんじゃないかと思い、そう答えたのですが、「そういうのは無い。ただ、変えたいだけ」という返事が返ってきて、はて?という感じ。

タイトルを変えたいのに、それがいつなのかという問いには答えられない?
このプログラムとは時系列に並ぶ処理の連続であり、どの処理とどの処理の間に、タイトルを変えたい処理が入るのかが「ない」という。

どうも、質問者の思いと、回答者の思いにズレが生じている様子。
たぶん、回答者の想像している状態と、質問者が陥っている問題が、マッチしていない様子です。




結果から言うと、質問者は学校の授業で、MFCを使ってダイアログの編集を行っており、現在編集中のダイアログのタイトルバーを、プログラム開始時点から変えたかったというわけ。
たぶん、フォームのプロパティのCaptionかなんかを変えておけばよかったんですね。

質問者が、相手に正確に質問するためには、状況を詳しく説明するために、修飾語というか形容詞というか、言葉を駆使して伝えないといけないわけですが、「限定詞」とも言われるように、物事を限定して伝えるためには、まず全容を知っていて、余計な情報を排除しながら伝えなければならず、それは初心者にとって非常に困難なわけですね。

初心者プログラマが、世の中には、プログラム稼働後もタイトルバーを変えたいという需要があるということまで気づいて、そこを限定して排除することができるかというと、それは難しい。

ただ、回答者にそこを想像して回答せよというのもまた、難しいですね。
回答者のレベルになると、プログラム開始時点からタイトルバーを変えておくなんてのは朝飯前のスキルであり、よもやそんなことが質問されるなんて想像だにしないわけで。
質問されるとしたらもう少しスキルの高い、プログラム稼働途中にタイトルバーの文字列を変えたい需要だろうと、自然に思っちゃうわけで。
(ググっても、プログラム稼働途中にタイトルバーの文字列を変えるための方法ばかりがヒットするし)

これはプログラム分野でなくとも該当することで、質問者にスキルを要求できない以上、回答者がなんとかして、質問者から、質問の真意を読み取ってあげないと行けないんですね。これはプログラム上級者なら誰でもできるというものではなく、むしろ教師的素質が備わっていないと難しいかも知れない。

たしか、一昔前に流行った「もしドラ」によれば、ドラッガーも「専門家にはマネージャーが必要である」みたいなことを言っていたそうですが、マネージャー的素質も必要かな。

とにかく、質問されて答えるのは非常に難しいです。



目次 | ←前へ / 2014-05-20 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2559181 (+0189)[+0619]

Copyright© 2010-2021 INASOFT