INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-05-01 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■今のレコーダーは録画しながら再生できるけど

2014/ 5/ 1 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








去年末くらいに、VHSとDVDに記録・再生できるレコーダーを入手しまして、専らDVD用の録画/再生機として活用しているわけですが、この機種、タイマー録画予約をすると電源が切れるんですね。
image.jpg

電源が切れた状態でないと、タイマー録画が始まらない。

なんて使いづらい機種なんだろう…と言ったところ、「昔はそれが当たり前だった」と言われました。

よく考えてみたら、そうだった。昔の機種は、タイマー録画予約をONにして、電源が切れていないと、タイマー録画が開始されないんでしたっけね。

最近購入できるレコーダーって、再生しながらでも録画ができるとか、チューナーを複数積んでいて2番組同時録画ができるとか、とにかく便利すぎるんですね。そんな生活に5年以上も浸っているせいで、いつの間にかそれが当たり前だと思うようになってしまい、大昔からそういうスタイルだったと思うようになっていました。

ちょっと前に、「らき☆すた」かなんかで、「携帯電話が普及する前の待ち合わせ方法がわからなくなった」みたいなことをいうシーンがありましたけど、まさにそれ。10年程度昔のテレビ録画がどんなもんだったのか、思い出すことすらできなくなっていました。




ちなみにこの記事のタイトル。最初は「今のビデオは録画しながら再生できるけど」としていたのですが、よく考えたら『ビデオ』と呼ばなくなったなぁと思い出し、『レコーダー』に変えました。




目次 | ←前へ / 2014-05-01 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554285 (+0558)[+0601]

Copyright© 2010-2021 INASOFT