INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-11-03 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■今更ながら、風立ちぬを見てきました

2013/11/ 3 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今更ですが、「風立ちぬ」を見てきました。
image.jpg

実在の人物である堀越二郎の半生を描いた作品であり、これまでの宮崎作品とは、ちょっと、異なる感じの作品と捉えました。
というのも、これまでの宮崎作品は、魔法などのファンタジー要素が多く盛り込まれていますからね。
魔法は無いにしても、巨大な虫が出てきたりするなど。

あ、ジブリ作品全体を通してもそうか。
ジブリ作品全体だと、紅の豚くらいですかねぇ。ああいうファンタジーの無い作品は。

あ、紅の豚も、主人公の豚さんは自らに魔法を掛けた設定だったか。
となると、ファンタジーは出てきますね。

やっぱり、ジブリ作品でファンタジー的では無い、ノンフィクション仕様の作品となると、かなり異例なことですよね。
だから、ファンタジーを楽しみに観に行った人には、ちょっとガッカリされるところはあるかもしれませんね。
が、それを除けば、良い作品です。




まあ、人間の半生を、たったの2時間あまりで描こうとしているためか、ものすごい駆け足になっちゃっていましたけど、それは仕方ないといえば仕方ない。

れから、主人公の声には違和感を抱きまくりでしたが、事前情報として、(エヴァンゲリオンの監督として知られる)庵野さんが吹き替えをされていることはか
なり有名な話なので、違和感はあるとはいっても、わかりきった違和感でしたね。むしろそれを踏まえれば、良いんじゃないかな、と。同じ素人でも、僕が吹き
替えをやったのなら、ああはうまくできませんからね。

主題歌は、荒井由実さんの歌でした。
この歌を事前情報なしで聴いて「ああ、なんだか、松任谷由実っぽいけど、荒井由実時代の歌声っぽいな」と直感的に思われた方もいたらしいですね。
自分にはよく分かりませんが、微妙な歌い方の違いがあるんでしょうね。

さて、宮崎駿監督は、この作品を最後に、長編映画の制作から引退されるそうです。
となると、これからは短編映画等の作品の方に力を入れられるってことなんでしょうかね。
それはそれで、楽しみですね。



目次 | ←前へ / 2013-11-03 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557252 (+0063)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT