INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-01-23 00:08 / 次へ→ / 最新へ⇒

■いくつか質問を受けたので

2013/ 1/23 0:08:30


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








平日になり、先週末の、すっきり!! デフラグ最新版公開を受けた、いくつかの質問がありましたので、まとめて御回答を。

■これはINASOFT再始動か?それとも、Windows 8に合わせただけの、今回限りの対応か?

後者になります
今のところ、恒久的な更新の再開をする見込みはありません。
恒久的な更新の再開をするためには、トレンドマイクロ社員全員がきちんと事態を反省し、それが広く世間の認識できる状態になることが必要かと考えています。このために、自社のWebサイト上に、過去の冤罪被害をきちんと書いて検証・謝罪する必要があるでしょう。
とくにこれまで、同社がないがしろにしてきた、個人・中小企業が冤罪被害者となった事例について、しっかりととりあげ、名誉回復のための取り組みをしっかり完遂する必要があるでしょう。

驚異定義の拡大と、冤罪被害者の救済は、表裏一体であり、権利と義務の関係です。もし同社が、利益の大きい前者にばかり注力し、闇の部分である後者をないがしろにし続けるなら、今後の企業活動は、次第に崩壊していくか、あるいは、インターネットそのものが、ダメになってしまうでしょう。

■ついでに、いじくるつくーるもWindows 8対応を

いじくるつくーるは既に、Windows 8対応をしています。
https://www.inasoft.org/rnsf7.html#download

ただこのソフトの場合、開発プロセスが、「ユーザーから次々寄せられる情報を、比較的短い間隔で取り込み、機能を充実させていく」というタイプのものです。
そのため、短期間リリースサイクルが必須なのですが、それゆえに、トレンドマイクロのウイルスバスター連続誤検知問題とは、非常に相性が悪いとも言えます。
従って、やはりこれも、トレンドマイクロ社の取り組みがなければ、更なる更新再開はやりづらく、よって望めないの考えています。




目次 | ←前へ / 2013-01-23 00:08 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555364 (+0508)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT