INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-12-15 00:48 / 次へ→ / 最新へ⇒

■誤検知された側が謝罪しなければならない文化って嫌だな

2012/12/15 0:48:03


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








先日、JSSEC(一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会)のサイトが、トレンドマイクロ等に、有害コンテンツの配布を行っているサイトとして登録されて、一時サイトの公開をストップする事件が発生し、事態を見守っておりました。

参考サイト: http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20121213/1355362413

現在は、
http://www.jssec.org/news/20121214_report.html
のように掲載され、誤報であることがわかったとのことなのですが、ちょっと違和感のある文が書かれているのを見かけて、嫌な思いをしました。

「ご利用の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。」

なんで、誤検知されて、被害を被った側が謝罪をしているのかな?と。 本来謝罪すべきなのは、トレンドマイクロ等の誤検知を仕掛けた側でしょうに。
腑に落ちません。

いや、もちろん、どういう構造になっているのかは知っています。自分自身も経験があります。

https://www.inasoft.org/talk/h201205c.html#27

以前に、ウイルスバスターによる誤検知問題で、ユーザーから「作者側の発表ばかりで、トレンドマイクロ側の発表がないのは何故だ?」と聞かれ、トレンドマイクロ側からも事態の推移を公表するように要請したことがあったのです。ですが、なんだかんだ色々言われた末に、結局何もしてくれないという結果になりました。(だから仕方がなく収まりが悪いので、INASOFTでも私が謝罪文を載せる事態になったりしておりました)

…まぁ、ウイルスバスターは誤検知が多いことがよく知られているから、誤検知一つ一つに社外発表をしていたら、Webページの内容がそればっかりになっちゃうんでしょうけど。
いやしかし、だからといって被害者が謝罪をしなければならないってのは、筋違いだと思います。
そのあたり、そろそろトレンドマイクロは真摯に考えていくべきじゃないでしょうか。

特に今回の場合、トレンドマイクロ社は JSSEC の会員企業でもあるわけで、トレンドマイクロ社側もきちんと一般向けに謝罪をしておかないと、自らの立ち位置を悪くすることになると思います。

もし、この文章をトレンドマイクロ社の社員や役員の方がご覧になっているのならば、今後自分たちの首を絞めることにならないよう、よくよくお考えになることを強くお勧めします。




目次 | ←前へ / 2012-12-15 00:48 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2559161 (+0169)[+0619]

Copyright© 2010-2021 INASOFT