INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-11-04 00:03 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「いじくるつくーる」が誤って「いじくるツール」と呼ばれてしまうのは - ウイルスバスターに誤検知されたのが「いじくるツール」と誤って呼ばれるので

2012/11/ 4 0:03:25


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








 

  ここのところ、トレンドマイクロのウイルスバスターによる「いじくるつくーる」の誤検知問題で、誤って「いじくるツール」という名前で呼ばれてしまうケースを見かけることが度々ありました。

  要因の一つは「つくーる」というひらがな表記が読みづらく、どうしても「つーる」に見えてしまい、そう覚えてしまう・読んでしまうというものもあると思います。

  ですが、過去のバージョンの副題が影響していることも考えられるでしょう。

 

 

  「いじくるつくーる」は、正式名称を「Rnsf」と言います。その ver.7 における副題が、「いじくるつくーる」となっています。

  ver.7にバージョンアップしたのは、2003年3月のこと。約10年前のことになります。

  で、それより前の1年半の間、「Rnsf ver.6」の時代がありました。このときの副題が「いじくるツール」となっていました。

  「いじくるツール」(Rnsf ver.6)だった期間が1年半、「いじくるつくーる」(Rnsf ver.7)になってからは10年近く経過していますが、Rnsfシリーズが一般に広く浸透したのは「いじくるツール」(Rnsf ver.6)の頃だったということかもしれません。それゆえに、今でも「いじくるツール」という古い名称で呼ばれ続けてしまうのでは無いか、と思います。

 

  ちなみに、それより前のバージョンではどういう副題が付けられていたのかについては、Wikipediaの記事を参照していただきたいと思います。

  (INASOFT関連で「詳細はWikipedia参照」と書ける数少ない事例でして、数少ない自慢です)

 

  ver.2以降、末尾に「いじくるツール」という名前が付くモノが多いですから、それも影響しているかもしれません。が、初期の頃はパソコン通信だけの配布になっていましたし、それ以降も小規模な配布に留まっていましたから、ver.5以前を知っている人はほとんどいないかもしれません。また、Rnsfシリーズの配布は、1999年までしか遡れませんから、全期間を通しても「いじくるつくーる」(Rnsf.7)になってからの期間の方が長いのです。

  (「いじくるツール」(Rnsf.6)以前の期間が1999年~2003年3月までの4年3ヶ月、「いじくるつくーる」(Rnsf.7)になってからの期間が2003年3月~の9年9ヶ月)

  なのでそろそろ、「いじくるツール」と呼ばれてしまうのも、避けたいなぁと思っています。

  ところで先に紹介したWikipediaの記事を参照って、最新版がver.7.73.11と記載されるなど、情報が古いみたいなんですよね。すっきり!! デフラグについても同様。

 

  これって、自分で直しちゃっていいんですかね。

  なんとなく、Wikipediaの記事を、その関係者が直すのは御法度という気がしているので、これまで一度も手を出していないんですけどね。

  悩ましいところ...




目次 | ←前へ / 2012-11-04 00:03 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555462 (+0067)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT