INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-09-08 23:11 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ウイルスバスターのメッセージ改正と「いじくるつくーる」の更新再開について

2012/ 9/ 8 23:11:04


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








9月6日の、ウイルスバスターのメッセージ改正のお知らせと、いじくるつくーるの更新再開がありましたが、それに関連していくつか質問や情報提供があったりして、情報が錯綜しているなぁという感じがしているのですが、いくつか書いておこうかと思います。

  • これで問題は解決したのか

一番多いのは、やはりこれですが、まだ問題は解決していません。

今回は「問題発生時に表示されるメッセージが改正された」だけであって、問題が発生する原因が解決したわけではありません。

トレンドマイクロ社から伝えられている原因(URL文字列の処理の段階に不具合があり、中身を見る前にそのURLを危険と誤判定してしまう)は、依然として発生する状況にあります。これが解決するのは来年2月のことになると、トレンドマイクロ社より伝えられており、これが解決するまでは警戒を続ける必要があります。


  • ファイルが危険であると通知したユーザーがいるから、この問題が起きているのではないのか

トレンドマイクロ社に聞いたところ、本件に関して、そのような記録は残っていないとのこと。

ウイルスバスターがURLを危険と判断するルートは、たしかにユーザーからの通知ルートが存在する。しかしユーザーからの通知ではない、自動判定のルートも存在している。今回の誤検知発生は前者でないことは確認されており、後者であることが確実であると聞いています。


  • デフラグ関係のソフトを開発する会社が、トレンドマイクロ社に圧力をかけたのではないか

ありえないとは思えましたが、これについても念のため、トレンドマイクロ社へ確認しました。

前項でも述べたとおり、今回は自動判定ルートによる誤判定とのこと。そのようなことはあり得ないそうです。


  • 恨みを持つ何者かが、トレンドマイクロ社に悪意の通知をしたのではないか

今回の件は自動判定ですから、これもあり得ません。


これらの他にも、「自分はトレンドマイクロ社の社員」と名乗る方から、若干混乱する投稿があったりしたこともありましたが、トレンドマイクロ社内を調査してもそのような人は出てこなかったとのことです。

混乱する投稿、不正確な憶測による投稿があったりと、今回は色々と大変ですが、引き続き来年の2月までは気を緩めずに行きたいと思います。





目次 | ←前へ / 2012-09-08 23:11 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554448 (+0148)[+0573]

Copyright© 2010-2021 INASOFT