INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-08-15 07:02 / 次へ→ / 最新へ⇒

■キーボードシミュレータ ver.1.25公開のお知らせ

2011/ 8/15 7:02:37


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








キーボードシミュレータ ver.1.25を公開しました。

ver.1.24の公開からあまり日は経っていなかったりしますけどね。

https://www.inasoft.org/

変更点としては、ヘルプ・フィードバック受付追加、「入力クリア」ボタン設置、入力中の[×]ボタンによる中断機能の追加、等々、色々と機能追加しています。

「入力クリア」ボタンについては、ユーザー要望ですね。

細かく入力物を入れ替えながらバイナリデータを作って行くようなシチュエーションに有効です。

入力中の[×]ボタンによる中断機能については、解説が必要かもしれません。

本ソフトでは、「入力開始」後のカウントダウンで中断をする場合、「中止」ボタンが出てくるのでそこを押すことになります。

しかし、入力開始後(本ソフトがキーボードシミュレーションをすごい勢いで行っている状態)では、ウィンドウメッセージの発信と受信がすさまじい間隔で行われるためなのか、ボタンの押離がうまく感知されないのです。

これは DoEvent() を使っても、マルチスレッドで行っても同じような状況でした。

とても素早い間隔でマウスボタンの押・離をすれば、ボタンの押下処理イベントが発生するかもしれませんが、数十ミリ秒でそれを行うのは人間業ではないので。

ところが、なぜかウィンドウ右上の[×]ボタンについては、平然と押離処理が走るようなのです。

というわけで、キーボードシミュレーション開始ごの「中断」については、[×]ボタンより行えるようにしました

シミュレーション中に[×]ボタンを押した場合は、プログラムが終了するのではなく、「処理が終了した」扱いとなり、処理終了の状態まで一気にスキップして進みます。これにより、機能中断を実現します。

お試しいただければ幸いです。





目次 | ←前へ / 2011-08-15 07:02 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555341 (+0485)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT