INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-06-15 00:24 / 次へ→ / 最新へ⇒

■時のオカリナに関するエピソード

2011/ 6/15 0:24:21


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








前に予告だけして、書き忘れていた「ゼルダの伝説 時のオカリナに関するエピソード」についてでも書こうかと。

「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の3D版が、今週16日(明日!)に発売されるんですね。

実はこのゲーム、オリジナル版(Nintendo64版)については、30分くらいしかプレイしていないんです。

なぜか?

3Dに酔ってしまったこと。リンクをまっすぐ歩かせることができなかった。すぐ下に落ちた。ひたすらイライラした。

等々。理由を挙げればいくらでもあります。

当時は3Dゲームに、まだ慣れていなかったんですね。というわけで、当時の僕はこのゲームに対し、プレイ後30分で「クソゲー」という烙印を押し、それ以来プレイしていませんでした。

あれから15年くらい経つんでしょうか。

世の中の3Dゲームの量は増え、僕自身も3Dゲームになれました。DS版のゼルダの伝説は2作ともプレイしましたし、先日もゲームキューブ版のゼルダの伝説「風のタクト」とWii版のゼルダの伝説「トワイライトプリンセス」もプレイしました。

3Dのマリオだってプレイしましたし、もうさすがに大丈夫だろう。

世間の評判を聞いてみると、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」は名作に分類されているんだとか。

こりゃ、プレイしないわけにはいかないだろう。

というわけで、今回購入を決意したわけです。

今回問題になるのは、新しい3D酔い(左目と右目に別の映像が送られることにより真の3D視点になることによる3D酔い)に耐えられるかどうか、ということ。

まぁ、これが無理なら、諦めて2D表示にしてプレイしようかと思います。


あ、ちなみに「ゼビウス3D」を3D表示にしたところ、地上と空で距離感が出るようになったんです。

ところが、30代のおじさんってのは、目のピント調節に時間が掛かるんですね。

地上から空中に視点を戻そうとしてもなかなか戻らず、すぐに弾に当たってドカーンとなりました。

やっぱり3D視点はツライかなぁ。

なお、先日ダウンロードした、バーチャルコンソールの「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」については、Lv6ダンジョン「顔の神殿」の入り口まで進めています。

とりあえず、「時のオカリナ3D」の発売までにクリアしておき「ゼルダ的謎解きテクニック」を思い出しておこうという作戦だったのですが…発売までに終わりそうもないなぁ…。





目次 | ←前へ / 2011-06-15 00:24 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2559196 (+0204)[+0619]

Copyright© 2010-2021 INASOFT