INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
2022年7月下旬より再び本業多忙化してきているため、更新頻度は落ちます。 [2022/7/24 19:32]

目次 | ←前へ / 2023-01-07 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■ルーチンとビルヂング

2023年 1月 7日(土) 0:00:00



RSSRSS配信中
https://www.inasoft.org/



コンピュータのプログラムを作っていて、繰り返し呼び出すなどのための処理のまとまりをroutine/subroutineと呼ぶのですが、これらに対するカタカナ語表記として、昔は「ルーチンサブルーチン」が使われていました。

ただ、現代では、「モーニングルーティーン」などの言葉として「ルーティンルーティーン」というカタカナ語が多く見られるようになりました。
「ルーチン」よりも「ルーティーン」の方が、今風ってところですかね。

似たような話に「ビルヂング」と「ビルディング」があります。こちらも、「ビルヂング」の方が古風で、「ビルディング」の方が今風というイメージ。


▲日本で一番ビルヂングが密集してそうな新宿のあたり

これについて、こんな記事を見かけました。

要は、diに対するカタカナ語の割り当てとして「」を割り当てていたというわけですね。ローマ字表記上、ziは「」、diは「」。確かに、ローマ字表記としてはそうなります。ただ、発音としてはdiは「ディ」の方が近いので、「ディ」と表されるようになった、と。

ルーチンについても、「」のところは「ti」に相当するので、昔はそんな感じでtiを「チ」とカタカナ語の割り当てをしてたのかもしれません。

ただ、実際の発音としては「ティ」の方が近いので、最近では「ティ」の方の表現の方が一般的になってきたということなんでしょうね。



目次 | ←前へ / 2023-01-07 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。


- 最近の更新 -



2935581 (+0018)[+0320]

Copyright© 2010-2023 INASOFT