INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
5月16日以降は、更新が断続的になる見込みです。

目次 | ←前へ / 2021-02-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■去年購入した「新本格魔法少女りすか4」(最終巻)をようやく読み終わった話。この本の読みどころは…

2021/ 2/ 9 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








振り返ってみると、西尾維新さんの「新本格魔法少女りすか3」を読んだのは2010年のことでした

正直なところ、何が書いてあったか、よく覚えていません。主人公(名前を忘れた)と、魔法少女りすか以外の登場人物については、「多分大きな敵がいただろうなぁ」程度の記憶しかなくなっていました。そんな状態で読み始めました。「新本格魔法少女りすか4」(最終巻)

新本格魔法少女りすか4

読み始めて、いきなり戦闘状態(ピンチ)からスタートしていましたけど、3巻の最後に何をやっていたのかを覚えていないため、「なんだっけ?これ?」状態。でもまぁ、緊迫感は伝わってきましたし、主人公の名前も思い出しましたし、主人公のお父さんがいたことも思い出しましたし、敵が魔法少女りすかの父親であることも思い出しました。

とまぁ、そんな中途半端な記憶のまま読み続けていました。不思議なことに、中途半端な記憶のままなのに、どんどん先に先に読み進められてしまうのは、西尾維新さんのマジックなのかもしれません。

一番面白かったのは、90ページ付近ですね。ネタバレを避けるために直接的なことは書きませんが、最初の敵を倒して、大きな場面転換があった後、現実の「現代」に対する様々なオマージュというか、パロディみたいな話がたくさん登場していて、笑えました。

これも、西尾維新さんの新しい技でしょうかね。

で、一番最後(書き下ろし)の話では、これもまた別の形で、「現代」に対する様々なオマージュというか、パロディというか、実際の出来事とのリンクというか、ああ、こんな感じに物語を展開させたか、と、メタに面白かったです。

やっぱりこれが、西尾維新さんの新しい技でしょうかね。



目次 | ←前へ / 2021-02-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2593108 (+0416)[+0550]

Copyright© 2010-2021 INASOFT