INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-06-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■そういえば、敵を太陽に落とし込むような攻撃って、できるのかな

2020/ 6/ 9 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








ドラゴンボールZの映画で、フリーザの兄「クウラ」が地球に攻めてきて、悟空たちに排除されるという話がありました。

物語の最後で、クウラは悟空の放つかめはめ波かなんかで地球から遠ざけられ、そのまま太陽まで到達し、太陽に押し付けられて終わりを迎えます。

(ただし、後の映画でサイボーグ化されてメタルクウラとして復活し、新ナメック星に攻め込んでます)

そんな感じで、地球上にいる敵(地球上にある物体)を、太陽まで連れていくにはどうするのが良いでしょうか。

現実の太陽探査の人工衛星とか、水性探査の人工衛星とかは、相当苦労して飛ばしているように見えます。

太陽は、地球とは比べ物にならないくらい巨大で、膨大な引力を持つので、物質は太陽に向かって落ち込んでいきそうに思えます。

っていうか、さらにその400万倍の重さを持つ銀河中心のブラックホール「いて座A」だって、かなりの引力を持っていますから、そっちに落ちていきそうな気がしなくもない。

ただ、現実にはそうはならないし、やろうとするとかなり苦労します。

そもそも、地球が太陽に向かって直接落ちていかないのは、地球が太陽の重力と釣り合うくらいの速さでいい感じに回転(公転)しているからで、その速度は300km/sとのこと。

地球の重力を振り切り、公転速度の300km/sを振り切るくらいの勢いがあって、初めて、太陽に自然落下していけるわけですね。そりゃ大変なわけです。




目次 | ←前へ / 2020-06-09 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557701 (+0512)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT