INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2020-05-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■100で割り切れる年のうるう年については知っているのに400で割り切れる年については知らない?

2020/ 5/11 0:00:00



RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








西暦2000年のときに、「2000年問題」が発生していました。もうあれも20年前のことになるんですね。

あの当時、プログラミング上のよくあるミスとして言及されたものに、「うるう年」のレアに訪れるルールがありました。

  1. 4で割り切れる年は、うるう年である
  2. ただし、4で割り切れても、100で割り切れる年は、うるう年ではない
  3. しかし、100で割り切れても、400で割り切れる年は、うるう年になる
要するに、1996年はうるう年だが、1900年はうるう年ではない。でも、2000年はうるう年である。

上記のうち、1と2はプログラミングされており、3がプログラミングされていない状態だと、2000年をうるう年ではないと扱ってしまい、バグが発生する、というもの。

でも、1だけ知っていて2と3は知らないという人が多いのは理解できるのですが、1と2を知っていて3を知らないという人がいるとは、ちょっと考えづらいんですよね。

ネット上でも同じことを考える人がいて「そんな、ズボンをはいたのにパンツをはき忘れるような人はいるのか?」という例えを言っている人がいました。確かにそんな感じだ。

似たようなのに、「ウサギは匹ではなく羽で数える」ということは知っているのに、「その由来を知らない人」なんて人はいるのか?というのを最近感じました。

たぶん、ウサギを羽で数えることを知っているくらいなら、その由来も普通に知っていそうな気がする。




目次 | ←前へ / 2020-05-11 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2575103 (+1657)[+0424]

Copyright© 2010-2021 INASOFT