INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-07-13 01:02 / 次へ→ / 最新へ⇒

■最近、政治家がよく口にする「家計」のアクセントが、どうも聞きなれなくて

2019/ 7/13 1:02:12


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








参議院議員選挙が近いこともあって、各党の意見表明を多く聞く時期になりました。

で、各党が、今回は「家計(かけい)を重視します」というような趣旨のことを言っているのですが、その発音が、どうも聞きなれない感じでして。

僕が慣れ親しんだ発音では「かけい」という感じで、後ろにアクセントを置くと思っていたのですが、

最近の各党の代表者の言葉の中では「けい」という感じで、前にアクセントを置くみたいです。

似たようなアクセントの変化はけっこうあって、「画面」を「がめん」と発音するのか「めん」と発音するのか?とか

「モデル」を「モデル」と発音するのか「デル」と発音するのか?とか、

「クラブ」を「クラブ」と発音するのか「ラブ」と発音するのか?とか。

多分そんな感じで、変化していくアクセントなのだろうと思います。

一説によると、発音時のエネルギー消費を抑えるために、発音はなるべく平坦になるような方向に変化すると聞いたことがあります。

上で言うと、後半にアクセントを置くような話し方が、平坦な発音になります。

デル」というより「モデル」という方が、エネルギー消費が少ないってことになりそうですね。

エネルギー消費が少ない話言葉が、より「若者言葉」とみなされる傾向もありそうです。

そういう意味では、「けい」と発音するよりも「かけい」と発音した方が、エネルギー消費が少なくなりそう/若者向けになものですが、どんなもんでしょう。

今回の場合は、参院選に向けた意見表明の場で使われているので、エネルギーをかけた言い方の方が好まれるという判断なのでしょうか。




目次 | ←前へ / 2019-07-13 01:02 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555285 (+0429)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT