INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2019-06-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■週末に映画2本連続で観てきた話。実写アラジンとMIBインターナショナルの感想。

2019/ 6/17 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








今年は観たい映画が目白押しなため、あまり溜め込まないために、先週末に生じた空き時間を利用して、映画を2本連続で観てくることにしました。

ディズニーの実写版「アラジン」と、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」の2本です。

アラジン

201906_jissha_arajin.jpg

非常に良かった。映像美とかそこらへんは、これだけCG技術が進んだ時代のディズニー映画なので、当然のことではあるのですが。

空飛ぶ絨毯サル(アブー)・オウム(イアーゴ)のあたりは、なかなかのもの。

空飛ぶ絨毯は、アニメ版では当然として、実写(?)・・・というかCGでも、なんだか表情が見えるようでした。

(余談ですが、空飛ぶ絨毯のコミカルさを見ていたら、ドクター・ストレンジのマントを思い出しました。あのマントも、なかなかコミカルな表情(?)を見せてくれる非生物です)

サルとオウムは、実写(?)なので、本物の動物っぽい描き方なので、アニメ版と比較すると、なんとも不思議なもんですね。

これは、今後公開されるライオンキングでも感じられる不思議な感覚かもしれません。

見た目はリアルな動物なのに、人間みたいな感覚を喚起されるような、不思議な感覚。

あとはストーリー。

アニメ版のアラジンでは、『ディズニープリンセスだけど主役ではない、微妙な立ち位置の王女ジャスミン』が中途半端に見えておりましたが、新時代の新しい「プリンセス観」を持ったディズニーの手によるジャスミンの描き方は、一味も二味も違う。‬

詳細はネタバレになるかもしれないので伏せますが、おお!‪ディズニーよ!そう来たか!‬って感じ。

この流れは、物語中の様々なシーンや、物語終盤の「法律を書き換える」シーンで生きてきており、アニメ版のような「従属/トロフィー」的なプリンセスとは全く異なる新時代の様相を見せてもらいました。非常に良かったです。

(その分、ジャスミンの飼っているトラ(ラジャー)の印象が、あまり残らなかった)


‪それと、ウィル・スミスのミュージカル観がスゲェ良かった。‬

ウィル・スミスが最初に登場するシーンの前と後とでは、なんというか、コミカルさが全然違う。

この映画は、プリンセス観の変遷という要素を除けば、ほぼウィル・スミスのための映画だったのかもしれません。

一つ苦言を呈するならば、本作の悪役である大臣ジャファーの声が、なんだか軽いんですよね。

(ちなみに、吹き替え版ではなく、字幕版を観ています)

もっと、こう、悪役っぽさを出すために、重低音の声が欲しかったなぁという気がします。

ただ、ジャファーの元コソ泥設定とかのあたりは、自ら動いてランプの奪取をするとかのあたり、ジャファーの心の中にも触れる良い演出だったと思います。


メン・イン・ブラック:インターナショナル

201906_mibint.jpg

メン・イン・ブラック(MIB)といえば、これまではウィル・スミスの映画という印象でしたが、今回からはウィル・スミスが出てきません。

直前に、ウィル・スミスの出てくるアラジンを観た直後に、ウィル・スミスの出てこないMIBを観るという、なんとも皮肉な状態でした。

で、感想なのですが、こちらはちょっと、期待から逸れてしまったかなぁ…という感じ。

僕が求めていたMIBっぽさって、もっと泥臭いというか、汚らしいというか…一作目の "G" 型宇宙人みたいな、グチャっとカサカサッとしたような描写のある、そういうやつなんですよね。

‪本作では、全体的に小綺麗にまとめちゃった感じ。‬

主人公であるエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、チャラ男な熟練エージェントH(クリス・ヘムズワース)の凸凹コンビは、まぁ、楽しかったですが……、期待するようなコミカルさが、今回の出演陣では、かなり不足している感じ。

というか、エージェントHは、マーベル映画ではマイティ・ソーを演じていて、そちらの印象が大きすぎるので(特に、アベンジャーズ/エンドゲームでのソーの変わりようがショッキング…というか、非常にインパクトがあったので)、その印象が抜けないんですよね。

…と言う感じでした。

(ちなみに、テッサ・トンプソンも、マーベル映画では女戦士ヴァルキリー役で出演していますが、そちらの印象はまだそんなに濃くなかった)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの新作映画を楽しみにしておこうかなぁ。



目次 | ←前へ / 2019-06-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554965 (+0109)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT