INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-08-25 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■スマホのバッテリーは、長い間使っていると、ある程度暖かいところでないと動かないよなぁ

2018/ 8/25 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








スマートフォンのバッテリーにまつわる9つの「嘘と真実」という記事を読みまして。

6番目の「温まっていないと、十分に機能しない」は、経験則的に「真実」だと思っていたんだけど、ちょっと違っていた。

この記事の場合、バッテリーにダメージを与えるか/与えないかという観点で書かれているのですが、十分に機能するか/しないかという、タイトル通りの判定をしていない気がします。

経験上、(液体)リチウムイオン電池を長期間(2年間とか)使っていて、出力が弱まりつつある場合、特に冬場はバッテリーがあっというまに消耗するという現象は、経験があります。

100%だったものが1分後には40%になり、2分後には1%になり、しばらく使えていたかと思ったら落ちるとか、

45%くらいあったものが、いきなり落ちるとか。

電子の動きは気温と密接な関係があり……というか、ミクロ的には、温度とは電子の動きのことなので、低温の状態では電子の移動がしにくくなるという説明を聞いたことがあります。

十分に機能するバッテリーならば、そんなことものともせずに使えるけれど、長期間使っているバッテリーではそれができずに、電子が気温の影響を受けやすくなる。電力は十分に蓄えられているのに、電子の移動が発生しづらくなり、電圧的には0%と同じような状況になる、と。

自分が今使用しているスマホ(iPhone6s)は、もう2年4ヶ月も使用しています。

おそらく、今年の冬には、バッテリーがヘタって使い物にならなくなるでしょう。

そうなる前に、買い換えようかと思っています。

次は、防水のiPhoneで。

今のところ、スマホを水没させた経験はありませんが、水場でビクビクすることはあるので、その緊張が取り除かれるかと思うと、だいぶ楽しみ。




目次 | ←前へ / 2018-08-25 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2558731 (+0358)[+0651]

Copyright© 2010-2021 INASOFT