INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-06-10 15:26 / 次へ→ / 最新へ⇒

■Ctrl+SとLinuxで一時混乱

2018/ 6/10 15:26:03


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








MS-DOSを主に使っていた時代、Ctrl+C(Ctrlキーを押しながらCキーを押す)は、プログラムの停止させることを意図して押されていました。また、Ctrl+Sは、プログラムを一時停止させることを意図して押されていました。Ctrl+Sを押した後は、任意のキーを押すことで再開できていました。

Windowsの時代になってから、Ctrl+Cはクリップボードへのコピー、Ctrl+Sは保存を主に意図して押されるようになりました。どちらのキー割り当ても、非常に重要なモノとなっています。

で、Windows端末からLinuxへ接続して使う場合、混乱します。

Ctrl+Cは、MS-DOSと同じく、プログラムの停止(のシグナルを送る)。

Ctrl+Sも、MS-DOSと同じく、プログラムの一時停止。ただ、再開の仕方が違う。これを知らなかったせいで、一時混乱しました。

ググると解決法はすぐに出てきて、Ctrl+Qを押せば再開できるのだという。

ああ、よかった。解決策がすぐに見つかって。

上記のサイトには、誤って押すのを避けるために、Ctrl+S自体を無効にする方法も紹介されていたので、ぜひご参考に。




目次 | ←前へ / 2018-06-10 15:26 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554982 (+0126)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT