INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2018-01-04 09:27 / 次へ→ / 最新へ⇒

■久々に聞いた、ノストラダムスの大予言。そういえばいつ頃にその話を知ったんだったか…。

2018/ 1/ 4 9:27:34


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








Twitter上に記事のRTがたくさん流れてきていたので、見てみました。

伝説のベストセラー作家・五島勉の告白「私がノストラダムスを書いた理由」

自分は1999年7月頃は、一浪の後に入学できた大学1年生をしており、まもなく始まる(であろう)前期試験に向けて対策を進めていました(というのも、本当に地獄の大魔王が振ってきたら、前期試験なんか中止になるからね)。

中止になってくれれば良いものの、地獄の大魔王なんて振ってきてくれなかったので、予定通り前期試験は行われ、微分積分学の試験の結果は燦々たるものになったわけですけど、そういえば、「ノストラダムスの大予言」のことを最初に知ったのって、いつの頃のことだったか。

たぶん、1980年代後半頃に見ていた、子ども向けのテレビ番組で、そのことに触れていたんだったと思います。

たしか、小さなマスコットとお姉さんの2人が、歴史上の事件を知るために過去にタイムスリップする…みたいな、あれはなんだったっけか。

(たぶん、1986年2月22日のまんがどうして物語

あの頃は、けっこう本気で信じていて、自分はあと何年生きられるか? 結婚できるくらいまで生きられるのか?とか、本気で考え込んじゃったもんですけど、1999年ごろには、話半分でしか聞いていない感じでした。だって、理系ですから、理系の大学に進んでいましたから。でも、前期試験を中止してくれるんだったら、地獄の大魔王に落ちてきて貰っても良かったかなぁ…って、そんなもんでした。




目次 | ←前へ / 2018-01-04 09:27 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557727 (+0005)[+0533]

Copyright© 2010-2021 INASOFT