INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2016-05-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■望まないWindows 10へのアップグレードと、アプリケーション対応の責任

2016/ 5/12 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








希望していないのに自動的にwindows10へのアップグレードが始まって非常に困っていますという記事を見かけてからだいぶ経ちますが、最近では「今夜アップグレード」という選択肢の無いボタンが表示されるとかいう話も聞くようになって、なんか、Windows 10へのアップグレード戦略がおかしなくとになっている気もしています。

家庭用のPCならまだしも、企業用のPCでは、そう簡単にホイホイとアップグレードできるわけではない事情もあることでしょうし。

OSのバージョンアップについてはこれまでも、「すでに倒産したメーカーが作っていたプログラム」がアップデートできないとか、自治体がアップデートの費用を捻出できないから図書館のOSをアップデートできないとか、そんな話を聞くことがありました。

身近な話としても、「いじくるつくーる」が、Windows 10のOSに対する対応検証項目が多すぎて、Windows 10対応を諦めたって事例を作ったばかりです。

もし、Windows 10に強制アップグレードさせられてしまった人が、「いじくるつくーる」を使えなくなって、クレームを上げるとしたら、どこに上げるのが適切なんだろう。もちろん、作者の所に来ても黙殺します。っていうか、黙殺どころかTwitterとブログに晒すかもしれませんゼ。

となると、Windows 10に強制アップグレードさせられてしまった人が、「いじくるつくーる」を使えなくなって、クレームを上げる先は、マイクロソフト社ってことになるんでしょうか。強制アップグレードを仕掛けた張本人として、その責を負うがよかろう。

でも現実的に、どんな対応をしてくれるんでしょう。
マイクロソフト社が作者に、当面の生活費用を支払ってくれて、優秀なシッターを雇ってくれて、本業を長期間休職を取得しても大丈夫にして、さらに育児放棄をしてもよい状況を作ってくれるなら、「いじくるつくーる」がWindows 10に対応できる状況を作れるんでしょうけど。

まぁ、マイクロソフト社もそんなことしないでしょう。
「いじくるつくーる」のWindows 10対応に、そこまで公共的な利益があるとは思えない。





ふと、思い出したんですが、Linus Torvaldsは、子守りをしながらLinuxのカーネルを考え、作ったのだという逸話があったような気がします。詳しくは忘れてしまったけど。どこかにソースはないかな。
たぶん、偉人は、僕のような凡人と比べ、脳の作りからして違うんだろうなと思わされます。


とはいえ、セキュリティの事情を考えれば、どんどん切り捨てていくのは仕方のないことです。
他のメーカー(GoogleとかAppleとか)に比べて、マイクロソフト社は、下位互換に関しては、むしろ良くやってくれている方だと思います。

過去にすがる人には手を差し伸べず自己解決を促し、どんどん前に進んでいくという意味では必要な判断です。
せめて、このソフトはアップデートできないとか、このドライバはアップデートできないとかいうことが、Windows 10へのアップデートの前に分かって警告されて、強制アップグレードの前にワンテンポ置いてくれるのなら、もっと良いんですけどね。



目次 | ←前へ / 2016-05-12 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555352 (+0496)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT