INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2016-05-08 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「マンガ大好きコミックマーケット」って書いてあるけどソフトしか売ってなくて常識がズレて

2016/ 5/ 8 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








5月5日にコミティアでマンガの売り子してきた話を書きました。

同人活動というか、即売会関連のアマチュア制作をやりはじめたのが2002年くらいでして、だいぶ経ちました。

僕の同人活動のほとんどは、オリジナルのゲーム制作かサウンドトラック制作でしたので、実は「コミックマーケットでコミックを頒布する」という行為をしたことがありませんでした。

以前、年末頃だかお盆の頃だかのニュース番組の特集で「マンガ大好き!コミックマーケット開催!」みたいなテロップが着けられていたのを観て、そういえばコミックマーケットでマンガを売り/買いしたことがないな・・・と、思ったことがありました。

で、最近は、自分が書いた小説をマンガ化してもらったものを、コミティアで頒布してもらっているので、それのお手伝いをしに行くことがあるので、ようやく、こういう「同人誌即売会イベントでマンガを売る」という行為をするようになりました。

そこで知ったのは、「スケブ」って文化ですね。

名前くらいは聞いたことがありました。即売会で、お好みのサークルやお好みの絵師さんにお願いして、絵を描いてもらうヤツです。

ただ、同人ソフトを作っていると、スケブに縁が出てきません。

もちろん、ゲームにも絵がたくさん登場しますから、絵は非常に大切な要素なのですが、僕の場合、絵は外注してしまうことが多く、サークル内で絵を描くことがほとんどありません。売り子に絵師が立つこともありませんでした。

たぶん、僕にスケブを渡されても、書けるのは DirectX の初期化コードくらいでしょうか。

しかも、自作ライブラリでカプセル化しているので、他者が観たら絶対に分からないようなコード。

そんな状況なのは、もしかしたら僕の周辺も同じだったかもしれないですね。スケブを渡されるって、なかったので。


そういえば、スケブに関連して迷惑行為ってのがあるみたいで。

頒布物とかサークルとかとは関係のないキャラクターを指定して、このキャラクターをこの設定で描いて下さいとお願いする行為

スケブ自体をあまり知らなかったので、スケブに関連した迷惑行為ってのも知らなかったのですが、そういうのもあるんですね。

これも文化の差なのかなぁ、と。

簡単にググってみると、こういうのも出てきます。

毎回、変なことを頼んでくる人がいるんですよ」みたいな話を聞くこともあって、あちこちのサークルさんに、何回も変な依頼をしに行っているケースもあるとか。スケブマナー違反のブラックリスト入りですね。



目次 | ←前へ / 2016-05-08 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557556 (+0367)[+0622]

Copyright© 2010-2021 INASOFT