INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2015-06-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■インストーラの英語化対応への道

2015/ 6/30 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








昨日Twitterで書いた通り、現在公開している主要なソフトウェアの英語ダイアログ対応は完了させたのですが、各インストーラの英語対応が一部しかできていません。

(ヘルプとReadmeの英語化対応は、単純な翻訳作業にしかならず、技術的興味がわかないので、今のところ、実行対象になっておらず)

以前、Unlha32.dllでインストーラを作っていたころは、Unlha32.dllの機能を利用して、英語化を行っていたのですが、InnoSetup方式へ移行した際に、技術的興味の対象になっておらず、ロクな対応をしていませんでした。

とりあえずググってみると、次のようなサイトが容易に見つかりました。

Inno Setupで国際化(多言語化)対応


Inno Setup Help - [CustomMessages] section


どうやら、CustomMessagesを用いて多言語化対応が容易に実装できるようになっているみたいですね。

ListView to CSVだとしたら、こんな感じに、日本語部分を置換えていく感じでしょうか。



[Setup]

InfoBeforeFile=*****¥LV2CSV¥Setup¥{cm:cmBeforeFile}

[CustomMessages]

en.cmBeforeFile=before_en.txt

jp.cmBeforeFile=before.txt

en.cmEXEInfo=ListView to CSV

jp.cmEXEInfo=ListView to CSV

en.cmCHMInfo=Help of ListView to CSV

jp.cmCHMInfo=ListView to CSVのヘルプ

en.cmShowReadme=Show Readme

jp.cmShowReadme=READMEを表示する

en.cmShowDonate=Show information about donation

jp.cmShowDonate=開発支援金受付について表示する

[Icons]

Name: "{group}¥{cm:cmEXEInfo}"; Filename: "{app}¥LV2CSV.EXE"

Name: "{group}¥{cm:cmCHMInfo}"; Filename: "{app}¥LV2CSV.CHM"

[Run]

Filename: "{app}¥LV2CSV.EXE"; Description: "{cm:LaunchProgram,ListView to CSV}"; Flags: nowait postinstall skipifsilent runascurrentuser

Filename: "{app}¥LV2CSV.txt"; Description: "{cm:cmShowReadme}"; Flags: unchecked postinstall shellexec skipifsilent

Filename: "https://www.inasoft.org/kifu.html"; Description: "{cm:cmShowDonate}"; Flags: unchecked postinstall shellexec skipifsilent



現在ベータ版として公開しているプログラムから、お試ししてみようかと思います。





【追記】実際に試してみたら、InfoBeforeFileのところの書き方が間違っていました。

多言語対応させたければ、InfoBeforeFileの行を消して、[Language]セクションに「InfoBeforeFile:」として指定するのが正解でした。



[Languages]
Name: "en"; MessagesFile: "compiler:Default.isl"; InfoBeforeFile: "before_en.txt"
Name: "jp"; MessagesFile: "compiler:Languages\Japanese.isl"; InfoBeforeFile: "before.txt"



これで、それっぽいダイアログが表示されました。

licj.jpgrunj.jpg

lice.jpgrune.jpg


setuptop.pngsetuptopj.png



目次 | ←前へ / 2015-06-30 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557806 (+0084)[+0533]

Copyright© 2010-2021 INASOFT