INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2015-05-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■「官房長!」っていうシーン

2015/ 5/17 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








水谷豊さんらが出演している「相棒」で、印象に残っているシーン(というかCM)がありまして。

水谷豊さん演じる杉下右京が「官房長!」って叫んでいるシーン。

岸部一徳さんが演じる小野田官房長が、(たぶん)殉職するシーンかなんかだと思うんですけど、なんだかこう、そこだけを切り取ると、おかしな感じがしてくるんですよね。

会社の上の人を「役職名で呼ぶ」という文化に、僕自身があまり慣れていないってのもあるかもしれません。

本業の方で勤めている会社では、役職名で呼ぶ文化がないもので。

でもまぁ、両津勘吉が大原巡査部長のことを「部長」って呼ぶこともあるし、世間一般ではよくあることなんでしょうかね。


ああいう風に役職名で叫びかけたときに、格好良い響きのする役職名って、ちょっと長めじゃ無いといけないですね。

「課長!」「部長!」だと、ちょっと味気なさ過ぎる。

「係長!」だと、字余りかつ字足らずって感じがする。

「担当部長!」

「事業部長!」

あたりの長さがちょうど良いかもしれない。

どうでもいいことですけどね。



目次 | ←前へ / 2015-05-17 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2554261 (+0534)[+0601]

Copyright© 2010-2021 INASOFT