INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-12-03 23:42 / 次へ→ / 最新へ⇒

■長らく芽生えなかった感情

2014/12/ 3 23:42:31


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








仕事で使用しているPCで、ある状況になるとデスクトップ上に現れるアイコンがあり、その状況が解除されるとデスクトップ上から消えます。なんだか、タスクバーの端っこの通知領域(タスクトレイ)みたいな使い方をしているなぁと。デスクトップはファイルやリンクを置く場所だろうよと。

多くの人にとってデスクトップ上にはショートカットを置いたり、一時的なファイルを置いたりする場所であったりするものですが、この常識って、Windows 95の頃から現れた常識なんですよね。そこでふと、古い感情がよみがえってきました。

というのも、Windows 3.1のころ、すべてのウインドウの背後に配置されるデスクトップには、ウィンドウが最小化状態となったことを示すアイコンが配置されていたんですね。

プログラム マネージャを最小化すれば、プログラム マネージャのアイコンがデスクトップに配置される。

ファイル マネージャを最小化すれば、ファイル マネージャのアイコンがデスクトップに配置される。

電卓を最小化すれば、電卓のアイコンがデスクトップに配置される。

(だから、現在でも最小化状態のことをIconic(アイコン化)と呼んだりする。

そういえば、時計のアイコンを最小化すれば、時計のアイコンがデスクトップに配置されるのだけど、なぜかその時計のアイコンだけは動いていたりとか。

ってか、当時は『時計』というアプリケーションが存在し得たんですね。

今となっては「タスクバー」の端っこに表示される時計があるために、わざわざ『時計』というアプリケーションは存在しないわけですけど。

(一太郎 ver.4が実装されていた「JustWindow」でも、これ見よがしに時計アプリが入っていましたっけ)

あ、そういえば、その『時計』が背後に隠れるのがいやだからと、非アクティブであろうと必ず最前面に表示される「常に最前面」(プログラミング的にはAlways TopとかTopmostと呼ばれる)状態が生まれたのが、Windows 3.1のときでしたっけ。あれは革新的でした。

話が逸れました。

ほんの20年前。当時、「デスクトップに置かれたアイコン」と言えば、「プログラムが実行中」であることを示す状態だったんですね。

だから、Windows 95が登場したとき、デスクトップに並んだアイコンを見て、「なんでWindows 95では、起動中のアプリケーションが、最初からそんなに存在しているのか? メモリの無駄遣いではないのか!」と疑問を呈した人がいたと聞きます。ってか、自分も最初はそう思いましたから。




目次 | ←前へ / 2014-12-03 23:42 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2561023 (+0170)[+0708]

Copyright© 2010-2021 INASOFT