INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-08-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■にほんごであそぼがシュールすぎる

2014/ 8/22 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








夏休みの間、Eテレの子供向け番組を観る機会が多かったです。
大体の番組は、子供な楽しめる構成になっており、大人向けではないので、なかなかシュールな構成が多いと感じたわけですが、それでも、まぁ、意味がわからないというほどでもなかったです。
しかし、唯一意味がわからなかった番組がありました。
「にほんごであそぼ」
KONISHIKI・野村萬斎他、結構、大物を多く起用している番組なんですが、ちょっと構成がシュールすぎていましてね。正直、番組のコンセプトがよくわからない。

「今は昔」というキーワードを子供に連呼させ、1呼吸の間に何回言えるかを競わせたり、オープニングからエンディングまでのあらゆるシーンで、能のような不思議な世界観を使っていたり。

番組の企画書とか、構成台本が、どう書かれているのかが気になりますね。NHKなので、テキトーがまかり通るはずはないし。

しかも、結構長続きしているみたいだし、賞も受賞しているみたいだし、世間的には受け入れられている番組なんでしょうね。

うーん、それにしても、よくわからん。
また、シュールといえば、ピカソの絵も、評価できる人と出来ない人に分かれると聞きますし(ちなみに僕は理解できていない人)、そんな感じで、人により評価の分かれる番組なのかもしれませんね。




目次 | ←前へ / 2014-08-22 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555374 (+0518)[+0556]

Copyright© 2010-2021 INASOFT