INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2014-07-24 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■昔、何度も見た不思議な夢

2014/ 7/24 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








会社へ行く電車の中で、暇つぶしにスマホでWebサイトを見て歩くのは日常茶飯事なのですが、暑い季節になったこともあり、「怖い話」のサイトに行き着くこともしばしばあります。

どれくらいの割合が真実で、どれくらいの割合が創作なのかはわかりませんが、どちらにせよ、文章力というのは重要な要素になってきますね。例え嘘が見え見えのストーリーでも、文章力があると、引き込まれて行く感じがしますからね。

そんな中で、夢に関する話がいくつかあったのを見て、ふと思い出したことがあります。

中学~大学にかけて、何回か繰り返し見た夢、というか、感じた感覚というか。

決まって、リビングのこたつで昼寝していると、その感覚がやってくるのですが、次のようなもの。

  • うつぶせに寝ていて、自分の上方(天井のあたり)に、何か怪しい気配が漂い始める。
  • その怪しい気配が、自分の背中~首のあたりから入り込んでくる感覚。
  • ああ、悪魔が入ってこようとしているんだ、と考える。
  • 体は「入り込まれまい」と拒絶をする。けっこう長い時間を掛けて拒絶をする。その間、ずっと金縛り。
  • それに全部入られると、意識を失う。というか、眠りにつく。
いつの頃からか、その感覚を拒絶せずに受け入れれば、深い睡眠が得られて気持ちいいことに気づくんですが、脊髄反射的に拒絶しちゃうんですよね、その感覚を。

だからなかなか眠れない。

いや、たぶん、それ自体が夢の中の世界なので、実際には寝ているんだと思うんですけどね。

とりあえず、その夢を見始めてから、もう20年近く経過していますが、おかしな事とかは起きていないので、なんのことはない、ただの夢だったんでしょうけど、この夢に何か意味づけをするとしたら、どういうことになるんでしょうかね。



そういえば高校の頃か大学の頃か「ああ、これは脳のアルファ波がベータ波に対抗しようとしている状態なのかなぁ」と寝ながら思ったことがあったんですが、脳のアルファはとかベータ波って、そういうタイプの物だったのかどうかは、よく知らないです。



目次 | ←前へ / 2014-07-24 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2559196 (+0204)[+0619]

Copyright© 2010-2021 INASOFT