INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-07-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■英語には無い表現

2013/ 7/ 5 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








英語には「何代目?」と尋ねるための表現が無い、という話を、予備校に通っていた頃に英語の先生から聞いたことがある。

「何?」を尋ねるWhat? や、理由を尋ねる「Why?」や、
「何個?」と尋ねるHow many? や、「いくら?」と尋ねるHow much? など、オープンクエスチョンをするための構文があるのは、中高の英語の授業で習ったわけだが、「何代目?」と尋ねるための構文が無いのだとか。

たしかに、それを習った覚えは無いような気がする。

その先生が言うには、「では現実問題として、アメリカ人が『リンカーン大統領は何代目なのか?』を知りたい場合はどうしているのかというと、『リンカーンって、15代目だっけ?』『いやいや、16代目だよ。』というような聞き方をするらしい」とのこと。

そこでふと思ったのが、Google翻訳に、「リンカーン大統領は何代目の大統領ですか?」と入れたら、なんと表示されるのか、というもの。
実際に入れてみた結果は、次の通り。

日本語:「リンカーン大統領は何代目の大統領ですか?」
 ↓
英語:"What number President Lincoln Is President?"

(再翻訳:「大統領は何番リンカーン大統領はありますか?」)

う~ん、ダメっぽい。




目次 | ←前へ / 2013-07-05 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555462 (+0067)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT