INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2013-06-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒

■マリオとクッパって、普段はどんな暮らしをしているんだろう

2013/ 6/21 0:00:00


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








マリオとクッパって、普段はどんな暮らしをしているんだろう、とか、ふと思いましてね。

以前どこかの攻略本で見た情報に寄れば、マリオは「謎のイタリア人」なのだという。職業は「配管工」。
だから土管に入るというわけだ。ビルの解体屋をやっていたこともあったような気がしたけど、それはアルバイトだろうかね。

(謎のイタリア人ということにされたのは、「マリオ」という名前を名付けた理由である「イタリア系アメリカ人のマリオ・セガールさんに似ているから」ということから来ているのだと思います)

で、定期的にクッパはピーチ上に来て、ピーチ姫をさらっていきます。
ピーチ姫をさらうシーンは毎回描かれているわけではありませんが、描かれているときは、非空挺で乗り付けて巨大な手(魔法の力)で強奪していったり、宇宙船で乗り付けて、レーザービームで地面ごと切り取り、城ごと強奪していったり、様々。
クッパは魔法だけでなく、科学力もすごいんですね。

そんなとき、城の兵士でありキノピオはどうしているかといえば、ピーチ姫の後ろでガクガクブルブル震えているだけ。なんでしょうかね、この衛兵。
そして、いつも通り、配管工に助けられるピーチ姫。どうなっているんでしょうかね、この国は。

そんなことがありつつも、普段はカートに乗ってレースして仲良く遊んでいたりします。
マリオRPGではマリオとクッパが協力して真の敵に立ち向かったりもしています。

クッパとマリオの因縁はだいぶ深いようで、クッパが小さい頃、マリオがまだ生まれる前(こうのとりに運ばれている最中)ですら、関係があったみたいで、それがヨッシーアイランドの話ってことになるのでしょうか。


ところで、何でこんな唐突なことを考えたかというと、最近バーチャルコンソールでマリオ3を遊んでいて、説明書を目にする機会があったからですね。
説明書にはストーリーが付いていて、色々と詳しく書いてありました。
image/2013-06-15T15:20:54-1.jpg

マリオ1では、「キノコ達の住む平和な王国」に、「強力な魔法を操る大ガメクッパの一族が侵略」してきて、キノコ一族が魔法によって岩やレンガ、つくし等に姿を変えられてしまったこと。これを元に戻すのは、クッパに連れ去られたピーチ姫だけであることが書かれています。

ああ、マリオが壊しまわっている岩やレンガは、キノコ一族達のなれの果てだったのですね……。

その後、マリオ3では、「大魔王クッパ」が「自分の子供コクッパ7兄弟」を引き連れて、キノコ王国以外のあちこちの国で悪さを働き、魔法の杖を盗み出して王様達を動物の姿に変えてしまったとのこと。
image/2013-06-15T15:18:53-1.jpg

そういや、この後「クッパJr.」が登場すると、コクッパ達は「クッパの手下」という位置付けに変更されてしまいましたが、このときはクッパの子供だったのですね。かわいそうに。冥王星くらいかわいそうに。

とまぁそんなかんじで、岩やレンガ、つくし等に姿を変えられたり、悪事を働いた後に王様を動物の姿に変えられたりしたやつらと、仲良くカートに乗って遊んでいるマリオって、人々からどんな風に見られているのかな、と。

さらに、カートで遊ぶと言えば、ピーチ姫も長い髪の毛を縛って、カートに乗って遊んでますね。クッパと一緒に。
ま、ゲームの話だからどうでもいいんですけどね。


目次 | ←前へ / 2013-06-21 00:00 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2557835 (+0113)[+0533]

Copyright© 2010-2021 INASOFT