INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2012-11-06 00:52 / 次へ→ / 最新へ⇒

■夢の中で仕事をしているときのイメージ

2012/11/ 6 0:52:15


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








過去に4回くらい、夢の中で「仕事をしている」ことがあるんだが、その時、必ずと言っていいほど、「高いビルの中で働いている」「高いビルの隣には五重塔がある」「ビルと五重塔は1階部分で繋がっていて、1階には食堂や売店がある」「ビルも五重塔も高速エレベータが存在している」という場所で働いています。

もちろん、過去も現在も、このような場所で働いた覚えはありません。いったい何なんだろ。

最初に出てきたときはたしか、「高いビルの中で働いている」という記憶はあるんだけど、そのことは夢の中には一切出てこないで、隣の五重塔の中で、「敵から逃げ回っている」というシチュエーション。「敵」は、そうですね。アメリカ版ゴジラで、子ゴジラから逃げ回る様子を想像してもらえればと思いますが、「敵」がなんなのかは夢の中では明確になりませんでした。

2回目に見たときは、その「高いビル」で仕事を終えた後、午後から「大学に通うために別の町に歩いて行く」というシチュエーション。何故仕事をしながら大学に通っていたのかはわからないけど、その夢の中では、大学を卒業しても、大学自体に籍を残していて、少ないながらも定期的に大学に通って講義を受ける、という身分だったという状況でした。

次に見たときは、これまた仕事とは関係なく、家族でそのビルに来ていて「地下の娯楽施設に遊びに行く」「娯楽施設はアメリカのカジノみたいに、きらびやかな内装」「でも途中でエレベータが壊れて、タワー・オブ・テラーに早変わり」「エレベータ下部から逃げ出し、メンテナンス用の通路を通っている時に目が覚める」といったような状況。

最後に先日見たときは、「会社に退職届を出し」「高いビルからエレベータで降りてきて」「1階を歩いていて目が覚める」といったものでした。

以前にインターネット上で夢の話が出たとき、「夢の中で家族団らんの風景が出てきたとき、ふと見回してみると、それはいつも見ているテレビドラマの風景でした」というものがあり、印象に残っています。

もしかしたら、「高いビル+五重塔」という構成の建物が、テレビの中とか、過去に訪れたことのある場所として存在していて、それが深層心理に強く残っているとかいうことかもしれません。





目次 | ←前へ / 2012-11-06 00:52 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555568 (+0173)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT