INASOFT 管理人のひとこと


フリーソフトダウンロードサイト「INASOFT」の管理人 矢吹拓也 が日々の「ひとこと」を語るページです。
2021年1月1日より、旧ブログ(blog.inasoft.org)からお引越ししました。
・INASOFT Webサイト: https://www.inasoft.org/
・管理人のふたこと(長文記事/寄稿文): https://www.inasoft.org/talk/
本業の方のお仕事が再び忙しくなりつつあるので、断続的にしばらく更新が止まることがあります。

目次 | ←前へ / 2011-05-21 08:55 / 次へ→ / 最新へ⇒

■気になっていること。Win9xへの対応について。

2011/ 5/21 8:55:57


RSSRSS配信中

https://www.inasoft.org/








最近、少し気になっていることがあります。

公開しているソフトに関する、Win9xの対応方針についてです。

現在の方針としては、

としています。

古いソフトで、すでにWin9xに対応する方針でやってきているものならともかく、新規ソフトのWin9xへの対応は、さりげなく開発者/利用者の負担になります。例えば、

  • Unicodeで、さらりとコーディングできないこと。(使用できる文字種が減ったり、扱えるファイル名が減る。場合によっては、ListView to CSVのようなANSI/Unicode版の二重管理が必要なためコスト増加)
  • 使えるAPIが減る。新しいWindows用のAPIを新しいWindowsでだけ使いたい場合は、DLL動的呼びだしを記述する必要がありコーディングのコストが増加。
  • Win9xでの動作テストが必要。

等々。また、最近は64bit版を作るブームもあるので、その場合は、3エディションを平行管理しなければならない面倒くささでもプラス(実はListView to CSVは三重管理中)。

手間や面倒くささの増加は、リリースまでのコストが増えることと、バグが入り込む余地に繋がります。将来的な保守性の低下にも繋がります。

そもそも、Win9xはMSのサポートが切れてから長い時間が経過しているので、どこまで対応させ続ける必要があるか、ユーザーにどの程度のニーズがあるのか、……きっとニーズは極小だろう、という考えもあり、こうしています

ですが、この部分に考え間違いがあったら……つまり、まだまだWin9xへのニーズがたくさんあるのに、これを勘違いして極小と思っていたとするなら……、考え直さなければなりません。

つまり、手間をかけてでも、Win9xに対応させることに意味が出てくるわけです。

というわけで、先日設置したフィードバックページや過去数年のアンケートを見直してみたのですが…、使われているWindowsは例外なく下記の3つのうちのどれかでした。

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7

(Linuxという回答もあったのですが、今回は除外してあります)

これはニーズがないことを意味しているのか、あるいは、Win9xユーザーがアンケートに寄りついていないだけなのか……わかりません。

というわけで、Win9xへの対応についてニーズを測りたいと考えています。

もしご意見をお聞かせいただけるようであれば、下記コメント欄か、フィードバックページ[※2]の方までお願いします。

[※1].NET Frameworkを実行環境とするソフトウェアについては、Win98に対応しようとしまいと、手間に大した違いがないので、Win98以降対応を基本としています。まぁ、これについては「.NET Frameworkをインストールするのが嫌だ」と思っているユーザーが少なからずいるらしいですが…。

[※2]フィードバックパージでは、ソフト名の入力は必須となっていますが、空で構いませんし、対応して欲しいソフト名を書いていただいても構いません。





目次 | ←前へ / 2011-05-21 08:55 / 次へ→ / 最新へ⇒


目次の表示:


ブログではないので、コメント機能とトラックバック機能は提供していません。ご質問・ご意見等はメールフィードバックまたはTwitter等からお願いします。いただいたご質問・ご意見などは、この「管理人のひとこと」の記事に追加、あるいは新規の記事にする形で一部または全文をそのまま、あるいは加工させていただいた上で、ご紹介させていただく場合があります。
当サイトでは掲載内容による不具合等に関する責任を持ちません。また、内容の正確性についての保証もありませんので、情報をご利用の際は、利用者の自己責任で確認をお願いします。本ページは公開から1年半後の任意のタイミングで削除される予定です。




2555543 (+0148)[+0539]

Copyright© 2010-2021 INASOFT